アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

胸を使う。

 VPで、一部修正というのはよくある話なのだが
一番難しいのは作品の冒頭部分だ。

途中なら、声のトーンを合わせるのはたやすい。
でも、冒頭となると、自分の考えがそれなりにあって出した第一声。
同じように真似しようとすると難しいのだ。

冒頭のワンフレーズ後、某社の歴史の部分となる。

何度か聞いているうちにわかった。私の意図。

私の意図というのは、作品を読んだ当時の意図である。

歴史の部分は声を胸から出していたらしい。
途中はお腹からハキハキと。

冒頭は?

作品の冒頭なので、それに相応しいトーンで、後ろの歴史部分と差が大きくならないように気をつけてみた。

ちょっとした修正作業だったけど、それはそれで気を遣うのだ。

ところで・・・
今朝、ちょっとブルーな出来事があった。
こんにゃくがだらりと寝そべるような、そんな気分で過ごしていた午前中、
友達から届いたメールに思わず笑ってしまった!

「そういえば、最近こんなことがあったよ」

というタイトルの中身とは?!

  

わはははは!

笑うって大事。
そんなメールのお陰で、私の気持ちはあっという間にアップへと!

そして、夜は夜で、色んな話を聞いていて、思わず涙。
すごく大切な想い出話を聞かせてもらいながら、
 涙をぬぐって、お酒を酌み交わしたのでした。

笑う。泣く。
身体に良いね。

秘密のバー
 

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

仮面舞踏会

コメントを書く