アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

マジックか強迫観念か

あれは驚いた。

そう言われて、逆に驚いた。

「Sさんはあんなに自分の話をする人じゃないっすよ。シモツマジック!」

へえ・・・そうなんだ。

先日、トマト祭りの際に
私がずけずけとSさんに質問したところ、結構込み入った話を聞かせてくれたのだった。
そして、その日、同じように他の人にも私が質問し、
やはり深い話を教えてくれたのだ。

今日は大好きなepiceでKさんとKちゃんと食事。
8周年記念ということで、今日はドリンクが半額!めちゃお得です?

「ツマオに質問されると、なんとなく答えないといけない気持ちにさせられるんかも」

「取調室みたいな?」

「カツ丼食うか?みたいな。」

失礼しちゃう( ̄▽ ̄;)

私は別になんの圧力も、魔法もかけていない。
ただ、単刀直入に質問するだけで、あと、自分のこともそんなに隠さないので
聞く一方のずるいことはしてないつもり。
先日のトマト祭りのときも、自然と話してくれた感じだったので
まさか周りが驚いているとは思わなかったのだ。

さて、epiceを出て、次へ移動中、Kさんにさりげなく質問。

「そやな・・・かくかくしかじか・・・うんぬん・・・」

「へ~そうなんだ」

「あ!!!しまった!俺もシモツマジックに引っかかってしもた!」

あはははは。

もしもこれが特技なら、何かに生かせないかしら(笑)

エピス

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く