アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

わくらばのふたり

2人は街道ですれ違った旅人だ。

「わくらばの流れ」無事終演した。

今日は午後のリハーサルから公開し

お客様とお喋りも楽しみ、ケータリングの軽食を食べながらくつろいだ時間。

みんなで一緒に移動し

17時に会場入りしてからは、あっという間に本番となる。

トップバッターがわたしだ。

緊張は特になし!

でも、、、

出来栄えは、まぁ普通かなぁー(笑)

ちょいと噛んだのはご愛嬌ということで。

でも、やはり着物を着るとお得だよね!雰囲気大切ですね。

これはマイクチェック中の写真。

ホリべちゃんとのトークタイムもあった。

そして、ホリべちゃんの「あったかくなんかない」

舞台袖で聴いていたが、とても良かった。

お客様はボロボロ泣いていた。

私の釣りの師匠も!オッサン、涙脆いやーん(笑)

みなさんから温かい拍手をいただき本当に気持ちよかった。

朗読の面白さも伝えられたんじゃないかなー。

「私もやりたい」という声をいくつもいただいた。

ホリべちゃんと違って、私の朗読は迫力押しだったが

それなりに皆さんには「プロ」の姿を見てもらえたかなと思う。

そして、今回初めての試みとなった公開稽古。

これは間違いなく良い企画だった。

VIP席や、リハーサル同席システムも!

私たちは一回公演にも関わらず5回公演したようなものなのだ。

朗読と朗読の間のトークと、グラレコLIVEも間違いなく良かった。

このイベント企画、、、、

天才的!

はい。自画自賛です(笑)

お集まりくださったみなさま、応援してくださったみなさま

本当にありがとうございました。

あとは

収録したものをアーカイブとして世の中に出し

東京でやってくれ、という声を信じてやるかどうか(^◇^;)かな。

さすがにそこまで自惚れてないので。

しかし幸せだな。

静岡からわざわざ来て着付けてくれた光江さんと茂代さんも

撮影してくれたざっはさんも、音響と収録のまるちゃんも、フライヤー撮影のゆきえさんも

とにかくみんなありがとうございました!

 

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く