アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

エネルギーは自家発電?

私は定期的に大好きな本「聖なる予言」を読み返す。

これまで100回くらい読んでいるかもしれない。

最近、0時になったらスマホを閉じて、またこの本を読み返している。

毎回新しい気づきがあるのが不思議だ。

いや、ただのバカかな。

すぐに忘れてしまうのだ。

この本を読み始めると、いつも不思議なことが起こる。

引き寄せが多発する。

先日の本田健さんのサプライズも読書期間中。

今日は、久しぶりの生徒さんのレッスンがあったのだが

しばらく会わないうちに、色々と彼女の状況が変わっていた。

ボイトレしないで、ほぼその話を聞いていた。

それで、彼女と話しているあいだじゅう、聖なる予言のある項目を思い出していた。

エネルギーの話だ。

間違いなく、エネルギーが涸渇していたが

私と話しているうちに充填されていった。

これは私だけができることではなく、誰でもやっている。

ただ、本の中にもあるが、人からもらってばかりではうまくいかない。

自分でエネルギーを作る。

とはいえ、それも難しい。

話を最後まで聞いてから、私はエネルギーの作り方を教えてあげた。

スピリチュアルっぽいけれど

宇宙とつながること、自然を愛でること。

エネルギーは無限にもらえる。

特に、自然を愛する気持ち、愛でるのがよい。

エネルギーを返してくれるから。

私と別れて、また彼女のエネルギーがしょんぼりしたときには、やってみてね、と言っておいた。

私は聖なる予言の理解と共に、人の話を聞くとき、一生懸命エネルギーを注いで手伝うことができるようになった。

これは誰にでもできる。

私も時には涸渇する。

でも、あさ、耳ビジをやっているとき、みんながエネルギーを送ってくれるのか?終わったときには元気だ。

心地良い疲労もあるかな。

人に教えるときも同じ。

与えながら与えられているエネルギー。

同じく生徒のなかじゅんからも

いつもあたたかいエネルギーが送られてくる。

美味しいものと共に(笑)

食べ物からもエネルギーはもらえる。

だから、私のエネルギーは今日も満タンです♡

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

仮面舞踏会

土壇場に強い人

コメントを書く