アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

親心

NATSのNこと南条アニキの劇団の公演だった。

おうじょうしまっせ

事前に脚本の苦労話を聞いていただけに
うーん、さすが!と唸ってしまった。

33年ぶりの同窓会を舞台に繰り広げられるストーリー。

場所は何故か葬祭場!
そして、集まった10人に隠された秘密…

「全員の出番を作ってあげたいんだけど、難しいんだよね?」

そう言っていたアニキ。

わかる。

某プロダクションの社長が脚本を書く芝居は
いつも出演者全員をなんとか目立たせたくて

うーん、この部分のネタいるかね?(^_^;)

というところがあるが故に全体的に長く感じてしまう。

アニキもやはり同じ気持ちなのだろう。
教え子たちの輝くシーンを作りたい。

わかる。

だがしかし、今夜の舞台は
1人を主役にしないのにもかかわらず、
うまく話が展開されていき、しかも全員出番があった。

みごと。だった。

出演者の皆さんは味があり過ぎだが(笑)
ストーリーの勢いのおかげでイキイキしていた。

衣装については「えつ!?」な人もいて
つい吹き出してしまったけど(笑)

わたしは動きのある芝居経験が少ないので
皆さんすごいなーと感心するばかり。

あと、顔の表情が豊かな人。
やっぱり羨ましいなぁ!

駄洒落満載の南条作品。
明日も2公演ありますよ。

この公演終わったらNATSの方に力入れてくれるんだって(≧∇≦)

NATS

昨日の変態魚も美味しかったけど
牡蠣はやっぱり美味しいね?。

牡蠣

NATSガールズでの楽しい夜でした☆

こちらの記事もぜひ

1人競り

旅のシメ

かまいすのララだ

コメントを書く