アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

笑顔と涙と変態と

数カ月前の話だが
CMの仕事の現場で、わたしの出番を待っていたところ 役者さんが1人でやって来た。
若い男性である。
どこかで見たような…?

あ! ロブカールトンの人やん!

役者でありナレーターである川下大洋さんの紹介で見に行った 劇団?の主催者。
思わず声をかけて、自己紹介し、その時の芝居の話や、大洋さんの話をした。

本当に面白い芝居だったので、?偽りなく褒め言葉が出てきた。

そして、今日。 そのロブカールトンの芝居。
またもや大洋さんからのご案内を受けて見に行くことに。

ロブカールトン
ロブカールトン

いやはや。すごかった。 面白かった。
笑い過ぎて鼻水出たり涙が出たりした(笑)
本当に洗練された脚本、演出、芝居だった。

実はわたしはアンケートを書かない主義なのだが 今日は書いた。
ひとことだけ。

面白かったです。また見に来ます!

出口に主催者本人がいて、ちゃんとこの前会ったことを覚えてくれていて声をかけてくれた(≧∇≦)

うれしー!
あかん。もう大ファンや(笑)

あまりに楽しかったので
芝居の話や、最近見た他の芝居の話をべらべら喋りながら
変態の店へ向かったのだが…?また変態の店行ってる(笑)
喋るのに夢中になり過ぎて 何度も信号無視して車に轢かれそうになり
一緒に行った先輩に腕を引っ張られるという(^_^;)

そして、変態の店に着くと、そこに嬉しい偶然が!
私を変態の店に導いてくれた方がいらしていたのだー。

これまた感激!
ってゆーか、今週2回目の変態三昧。 行き過ぎやろ(笑)

でも、新たなメニューで私を喜ばせてくれた!

もう、私の毎日になくてはならない存在になってますよ!大将!

2回目

こちらの記事もぜひ

1人競り

旅のシメ

かまいすのララだ

コメントを書く