アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

#NAME?

性格というのはちょっとやそっとじゃ変わらないもので。

かつて、師匠に入門したばかりのころ

「とよばあの読みは独りよがり」

と評されてすごく落ち込んだことがある。
あくまでも「読み」の話なのであるが
それはひいては日頃の性格にも通ずるのでは?と思うと

私って他人への思い遣りが足りないのかなT_T

すごく気になってしまったりして。

治そう治そうと思うけど、
ネガティヴな要素のある出来事に対面すると
一気にそこに上乗せする妄想が膨らみ

きっと私なんて…
きっと私のことなんか…
そうに違いない…

悲しい。

独りよがりな悲劇のヒロインが誕生する(^_^;)

でも、その妄想は時々的はずれで
それがわかったときにはもう全身の力が抜けるほど。

しかし、的はずれであるのかないのか?もわからないまま
私が独りよがりに自己完結してしまうと
真相は藪の中。

心の中に闇を勝手に作ってしまうのだ。

あぁ、なんて面倒くさい人だろう。

面倒くさい党代表のRちゃんとどっこいどっこいだな…(笑)

と、他人を巻き込んでみる(笑)

人に指導していると、その人の読みや、
学ぶ姿勢から性格がすごくわかってくる。

「素直さ」は、すごい武器だと思う。

学ぶときにも、人間としても。

自分が独りよがりで頑固なだけに
素直な人を見ると嬉しくなる。公私ともに。

あ、でも、私の唯一の救いは、思ってもないことは言わない。
誰とでも本音で喋ってることかなー。

だから
素直に接してくれる人には特に本音でぶつかりたいな。

面倒くさい人で申し訳ないけど。

さわらん

ちなみに
うちのニャンコシスターズは全然素直じゃありません(^_^;)

近づくと逃げて
遠ざかると擦り寄ってきます(笑)

こちらの記事もぜひ

1年後

スパルタ?

コメントを書く