アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

オトナ同志で

もともと、今日はソファ席に送別会の予約があったこともあり
最近再会した女子にうっかりBARの手伝いを依頼していた。

たぶん山盛り洗い物してもらうことになるかも?よろしくね!

そんな風に話していたが
まさかこんなに激しくなるとは…(笑)

ソファ席の予約以外の方々が次から次へといらして
あっという間にカウンターがいっぱいになり
椅子を追加(^_^;)

さらに新たなお客様をテーブルにご案内したところで
またもやお一人様ご来店!

赤の他人のテーブル席に座ってもらい
相席同志で話してもらうという強引な展開に(^_^;)

と、言ってるところでドアが開き、えらい若い女子3人組が来店したぞー!
ひぇー今日はどうなっとるんだ???

で、こんな若い女子ってだれだ?…あれ?あれれ???

「わかります?」

わかるよ!わかるに決まってるじゃない!
どうしたの????

「一度来てみよって言っててとうとう来ました!」

ボランティア関連でご縁ができた和歌山の高校の卒業生!&現役高校生!

知り合ったとき、2人は高校生。
いまや大学生となり晴れてお酒も飲める年頃になったのだ。

ようこそ!ようこそ!

すると
「お誕生日おめでとうございます」

わぁ!なんとブーケの手土産付きだよっ(≧∇≦)

バースデープレゼント

嬉しい…T_T

もうお酒飲めるのね。
なに飲む?

「ビールで!」

あははは。すごいなぁー。2人とも強そう(笑)

もう3年前だね。
初めて学校に行って、被災地の状況やボランティアのニーズに関しての特別授業をした。
そのときアテンドしてくれて、その後もイベントを手伝ってくれたり、
私も彼女たちの企画の手伝いしたり。

そして卒業し、みんなそれぞれの道へ。
しかし、そこで途切れることなく、このご縁は
後輩たちにも引き継がれている。

すごいよね。。。。

来てくれてめちゃくちゃ嬉しくて
ゆっくり一緒に座って飲みたいくらいだったけど
今日はとにかく満席で働きっぱなし…

それでも途中でカウンター席が空いたところでカウンターに移動してもらい
ようやく話せる状況になった。

ねぇ、つかぬ事を聞くけど…彼とはどうなった?

「それがねーーー!!!ひどい話で」

思わずエキサイトするような恋バナも聞かせてもらって(笑)

え!マジで?そうなんだ…

おねーさまはロクなアドバイスしないけど(^_^;)
気持ちはよくわかる。

あー。嬉しい。
一緒に飲めるなんて。
しかもうっかりBARで。

私には子供はいないがこんなに素敵なお友達がいる。

わたしなんぞで役に立つなら頑張っちゃうよ。

みんな良いオンナになるよ。

また来てね!

こちらの記事もぜひ

1年後

スパルタ?

コメントを書く