アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

自然な言葉

おめでとう!

この言葉は当たり前にすっと出てくる。
でも、今日、この日を迎えたら
出てきた言葉はこっちだった。

よかったね。

なんでだろうなぁ。

今日は大切な人の結婚式だった。
既に入籍していたので「形としての結婚」を実感する日だ。

式の冒頭、ふと見ると
来られないかもしれない!と言っていたお婆ちゃんの姿が。

よかったね!!!!

もうそれだけで涙が溢れてきて
彼女がそのお婆ちゃんにヴェールダウンしてもらっている様子は
なんというか、神様の領域と繋がってるように美しく神々しかった。

結婚式で既にノックダウン(笑)

そして、披露宴も本当にあたたかく
みんなが笑顔になっていた。

わたしはと言うと
乾杯の発声を頼まれていて
直前まで何を話せば良いのか考えられずT_T

でも、主賓の2人の挨拶を聞いているうちに
なんとなく緊張もほぐれてきて
1.2分軽く喋ろうと思っていたのに結局、喋りだしたら言いたいことが次々浮かんでしまい(笑)
4.5分喋ってしまったのかな(^_^;)

「おめでとう」「ありがとう」「よかった」

概ねこんな気持ちをエピソード交えて話した気がする(笑)

披露宴の最後に、また泣かされて
まったく、最近の私は歳のせいか涙もろく
一緒にいた人にもさんざん突っ込まれた(笑)

でもね。
ほんとに嬉しくて感動して涙が出てくるのですよ。
苦労してきたことを知ってるから。
家族が出来て、彼女が安心できる場所ができて
ほんとうによかった。と。

二次会の席で、彼女の父親代わりで主賓の方が
「彼女が今あるのは下間さんのおかげやと思う」と言われてびっくり。

そう言えばよく彼女も私にそう言うことがあるけど
上司?の方に言われるのは初めてで(^_^;)

じゃあ…私も彼女の育ての親の一員ってことで
これからも2人に仲良くしてもらお(笑)

おめでとう

最高に素敵な時間を一緒に過ごせてよかった。

おめでとう。安心して幸せになって良いからね。

こちらの記事もぜひ

ごぼう抜き?

想い出の品

コメントを書く