アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

野生の勘

吟行がてら王様を探しに行くことになった。

王様。

もちろん秋の味覚の王様、松茸である!

誰のものでもない(らしい)山…というか、森?で、一応、過去に松茸が取れた実績のあるところへ。

ネットで見つけ方を調べて臨む。

柿畑を抜けたところにその森はあった。
木々をかき分けて入る。

最初はみんなで周辺を探したが

「ローラー作戦開始!」

リーダーの指示で、それぞれ担当ポイントを探ることに。

山の中

腰を落としてアカマツの木の周囲を中心に探す。
松茸があれば香りが教えてくれるという。

クンクン、クンクン

イバラの道もなんのその。
私の行く手を阻むとは…そろそろ見つかりそうだぞー!

だぞー!

だぞー!

だ…ぞ…

無い(ToT)

気付けばみんなバラバラに。
ここはどこだろう?ずいぶん遠くまで進んでしまった気がする。
どうしよう、遭難するかも!

急に怖くなり、斜面を登る。

誰もいないー!

雨が降り出した。

焦ってとにかく上を目指す…と、柿畑まで出てきた!

ひゃー良かった。ここまで戻れば遭難はしない。

あ…あそこにもアカマツがある。
念のため探そかな…

さっきまで遭難する!と気弱になっていたのに
やはり松茸への執着心は深い(笑)

だが、雨が強くなってきたので…

「帰るぞー!」

あ、ようやく声が聞こえた(゚∀゚)

みんなドロドロ。ビショビショ(笑)
で、誰も松茸には巡り合わず(笑)

あ!俳句は???

松茸は見つからなかったが
その後みんなでバーベキュー。
スーパーで中国産の松茸を買って、ちゃんちゃん。

やっぱそう簡単には見つからないものだなぁー。
松茸が高いの、改めて納得したのである。

中国産

こちらの記事もぜひ

1年後

スパルタ?

コメントを書く