アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

香川県の旅~直島で食べる~の巻き

初日のランチ

地中美術館は高いのでお勧めしない(笑)

初日のディナー

さて、直島での夕食はどうすべきか?

かなり悩んだ。

ベネッセのレストランはフレンチと日本食。
しかし・・・結構高いコースしかなく、ほんとうに満足いく内容なのかどうか?なんか疑わしい・・・

ホテルから少し離れたところにはアーティスティックでお洒落な店が何軒かある。
そこにも行ってみたい。
でも、問題はホテルとその店の間の足なのだ。

町営バスはホテル前を通らない。というか、通れない。
ホテルバスは早くに終了する。
徒歩だと30分かかる。
タクシーは直島には1台だけ(笑)

ここだけは事前にちゃんと調べたうえ、準備したので計画性バッチリだった。

とりあえずホテルのフレンチをキープ。

そのうえで、タクシーをキープ。

何度も書くが、タクシーは1台なので、要予約。
ラッキーなことに予約できた!
最終のお迎えの時間が20時である。

なので、店に20時近くまでいられるわけである。

タクシーがキープできたのでお店も予約。と同時にベネッセはキャンセル。

夕飯は本村の「中奥」に決めた。

知り合いからのおすすめで、とても素敵なお店だそうな。

ホテルバスで本村へ行こうとしたら、さっきお世話になったガイドさんんが一緒に乗り合わせた。
中奥に行く旨を話すと、少しわかりづらいから、と言って、近くまで案内してくれることに。

うーん有難いお心遣い。

店は住宅地の奥。名前の通り(笑)

直島中奥

少し丘になったところにある古民家で、店内はカウンター、テーブル、座敷。
どこれもお洒落に改装されている。

暗くなり始めた窓の景色も味わい深い。

中奥2

中奥3

中奥4

料理は瀬戸内海の海の幸、山の幸を使っていて種類も豊富。
予想以上に美味しくて、お酒も進む。

中奥5

直島の海苔、めちゃ美味しい!
地元のローストビーフも。

中奥6

中奥7

いかなごの薩摩揚げ。

日本酒も焼酎も色々あって
次はどの料理とお酒を合わそうかな~なんて、とても楽しいディナーとなった。

瀬戸内のタコ!

中奥8

中奥9

中奥10

中奥11

2日目朝食

翌朝はホテルのブッフェを予約した。
朝食のレストランはパーク棟にあるカフェだ。

ベネッセバスで2~3分。海岸沿いに立つパーク棟にも当然アートが並ぶ。

そんなアートと、海を眺めながら朝食を楽しめる。

実はオーバルの宿泊客にはオーバルバーでもコンチネンタルブレックファーストを提供してくれる。
バスで出かけるのは面倒・・・という人向けのサービスだ。
でも、私たちはせっかくなのでパーク棟まで出向くことに。

行ってよかった。豪華でとても美味しいブッフェだった。

和洋取り揃えていて、地元の食材を使っているのもうれしい。

私は和食中心。

朝食

時間が許されるなら、朝からのんびり、ここで食べて、ぼんやり海を眺めて・・・
そんな優雅なひとときを過ごしたことだろう。

2日目ランチ

家プロジェクトの合間に行くのでランチも本村で。
色々とネットで調べていると、人気なのが「あいすなお」「エプロンカフェ」など。

どこも興味深いのだが、とりあえず「あいすなお」に行ってみることにした。
今日は金曜日なので、昨日より観光客も多いことだろう。
予約してないけど、大丈夫かなあ。

少し遅めの13時過ぎに行った。

そしたら・・・

「本日は終了しました」

え!もう???

理由はわからないが、食材が売り切れたのだと思う(笑)

すかさず「エプロンカフェ」へ。

こちらはちゃんと営業していて、席もすぐに通された。

座って、ふと気づいた。
わーお。欧米人ばっか(笑)

エプロンカフェ

ほんとどこに行っても日本人がほとんどいない。

ランチセット1500円をいただいた。
今日はサワラのフライがメイン。

エプロンカフェ2

いやはや、かなりレベル高かった。
ワンプレートだが、どの品もおいしく、しかも健康に配慮したメニューで
ワカメのスープまでばっちり完食。

朝、あんなに食べたのに(笑)美味しいんだもん。

「あいすなお」と人気を二分するのがわかった。

この店のオリジナルスコーンにも興味があったが、残念ながらお腹いっぱい。
日持ちしないのでお土産にも買えず・・・・。これは次回のリベンジかな。

他にも行ってみたい店はいくつかあったが
昨日の地中カフェ以外は大満足だった、直島のご飯でした!

こちらの記事もぜひ

やるときゃやる女たち

おまけ

旅の別れ方

コメントを書く