アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

香川の旅?高松?

直島を後にして高松へ。

素敵なオーベルジュに泊まる案もあったが
晩御飯を贅沢にする分、ホテルは格安を探した。

たまたま見つけた「ホテルパティオ」

一人3500円って!

実は、元ラブホだった(笑)

でも部屋は広くて綺麗。
室内には元ラブホの雰囲気はなかった。外観はあったけど(^◇^;)

そこを起点に動く。

まずは高松城の玉藻公園へ。

少し雨が降っている中、満開の桜の下では宴会が。

みなさん、根性ですね?

夜桜見物の後は歩いて瓦町へ。

予約していた寿司屋に入る。

「鮨舳すしとも」

カウンターだけのこじんまりした店。いいねー!

お任せでお願いした。

つまみから始まり、最後の巻物まで堪能。
本当美味しい鮨だった。

大将にオススメしてもらったワインバーはこちら。

「ヴァン ドゥ ヴァン」

お腹いっぱいだったのに、お通しで出てきたパンが美味しくてついつい(笑)

店の作りも含めて素敵でした。

そしてもう一軒行って、今宵は終了。

翌朝はゆっくり過ごし、11時頃から始動する。

まずは高松駅に荷物を預け、栗林公園へ。

ところが、さすが田舎(^◇^;)
電車の時間が・・・

JRの本数が少なすぎて、タイミングが合わず、慌てて検索。

琴電かバスか?

バスの時間が良かったのでそちらで行くことにした。

高松は香川の県庁所在地だが、侮るなかれ(笑)

栗林公園も桜満開。

広い園内をゆっくり散策する。
途中で雨が降ってきたが、霧雨。

桜も苔も緑も美しい庭園だった。

休憩は桜団子で。。。

そして、ランチ。
香川といえば!うどん!

あらかじめタクシーの運転手さんに聞いていた
栗林公園近くの「上原屋」へ。

10分ほどの待ち時間で店内に入れた。

かけうどんが人気とのことなので、かけうどんと

天麩羅、おでん。

かけうどんは小を頼んだが、十分すぎる量だった。

駅のお土産売り場にはないので、ここで持ち帰りの半生うどんとスープをゲットした。

雨のそぼ降る中、歩いて9分。
琴電栗林公園駅へ。

そこから高松駅に戻る。

港の倉庫を改造したオシャレスポット北浜アリーを目指す。

しかし、なんだか昨日までと打って変わって
海はほとんど見えないくらいの霧が。

ちょっと怖いくらいだ。

アリーの一角にあるカフェを見つけたのでそこにいってみることにした。

小さなビルの5階。

お客さんは一人だけだったのでここでのんびりお茶をした。

目の前は海。
何にも見えない(笑)

後で知ったが、今日はひどい霧で、フェリーが欠航したり
飛行機が飛ばなかったり大変だったそうな。

1日ずれていたらえらいことになったはず・・・助かった。

こうして高松をのんびり過ごした私達は
最後にお土産をたくさん買って、JR高松駅に戻った。

いつものごとく、友達とはここで解散。

あなたは右へ。
わたしは左へ。

右は飛行機
左は高速バス

今年も二泊三日、充実した旅となりました!

こちらの記事もぜひ

付いて来ないもの

ついでの遠回り

バブルか!

コメントを書く