アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

絶妙

今日は月1の朗読指導の日。

今やってる小説はかつて自分が取り組んだものなのだが
あのとき、かなり深く向き合ったはずなのに
改めて読んでみると、少し違うものが見えてくる。

成長とも言えるだろうし
年齢や経験を重ねて、感じ方や捉え方が変わったとも言えるかもしれない。

教えているメンバーはセミプロなのでレベルは高く
若いぶん、私にはできない若々しい表現があり
学ぶところも多い。

かつて、少ない引き出しを増やしてくれた師匠のように
私なりに彼らには思いつかない引き出しを提案する。

しっかり仕上がったら
私よりよほど上手になりそうだ(笑)

じっくり聞いて、アドバイスする。
この作業はなかなか疲れる。

そして、学ぶ側も疲れている。

そう。真剣に朗読すると、とてもとても体力を使うのだ。

レッスンが終わると
思わずみんなが
「はぁー疲れた!」

だよね(笑)
これ1人で全部読んだらもっと疲れるよー!(笑)

さて、その帰り道、仕事先の方からLINEがあったのでやり取りしながら歩いていた。

あ。ながらスマホはいけません(^_^;)

ふと、気づくと天満宮近くにいる。

思い出した。
あー。あの店この辺りかも?

つい先日オープンした和食屋さん。
大将に挨拶しなきゃ、と思っていたところである。

記憶を頼りに歩いてみると…

あった!

こんにちはー!おかえり!

「あ!下間さん!いらっしゃい!」

開放感があって、なかなか洒落た店に仕上がっていた。

まだオープン前でもあったので
とりあえずひとしきり話して
また来るね!と挨拶し、店を出た…

数分後…

絶妙なタイミングでLINE。

「飲みに行かないの?」

なんと素晴らしい(笑)
ということで…逆戻り。

まいど!大将!早速来たよ!

ちょうどオープン時間とあいなりました(笑)

ごはんや

軽めに飲むつもりが
日本酒のレパートリーが多いのと
料理がこれまた絶妙な量で、ついつい進む。

私の遊び場が戻ってきたよ(笑)

北にあの店
南にこの店
東はあそこの店
西にあっちの店
真ん中に例の店

どんだけー(笑)

楽しゅうございました。

こちらの記事もぜひ

秘密

虫とわたし

高級定食

コメントを書く