アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

ため息の理由

私の主治医・・・
と言っても、整体の先生なのだが、

彼の話にはいつも感心させられていて、
理屈もわかるので納得している。

皆さんもよくご存じと思う、あくびの理由は酸素が足りなくなってるときに
それを何とかしようとしてあくびが出るわけで。←かなりざっくりした表現だが。

貧乏ゆすりは
心臓のポンプ活動を補うために自然と出る行為だそうだ。

ため息と言えば
「ため息をつくたび幸せが逃げる」
と、良くない行為のように言われているが
先生曰く、
深い呼吸を、特に息を吐くことによって精神的な緊張を解く効果がある。
という。

ため息が出るときは、何かに悩んでいる時のことがあり、
悩んでいると、体中が固まって緊張状態にあるから
無意識にため息をついて弛緩させようとしている・・・らしい。

ボイストレーニングの中で、
呼吸が浅い人をなんとか改善させたく、
当然、息をしっかり吐かなくては吸えないと教えたのだが
そうそう簡単に深い呼吸ができないタイプで、
何かコツが無いか?と先生に相談したものである。

深いため息をつく練習。

呼吸が浅いのは身体がかたまっているから。
それをほぐすところから始めなければいけないということである。
なんか体操の先生に変わりそう。。。

被災地でため息を我慢している人がいるとしたら
我慢しない方が良いってことか。

緊張してるときは、まず息を吐く。それから吸う。
ちなみに吸いすぎると過呼吸になるから、
やっぱり吐く方が大事かな。

今日は私も小さなため息をついてしまう出来事があったのだが、
深呼吸してリラックス。

悩み事などなさそうなニャンコ。
癒されます。

温度差2

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く