アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

岩手の旅?4日目 岩手じゃない旅?

気仙沼をあとにして、いよいよ帰路へと。

しかし、私たちの最終日には
とてもとても楽しみなことが待っていた??!

実は、スケジュールをあれこれ考える中
一気に大阪を目指すのではなく
途中でももう少し遊ぼう!と思い付いた。

太平洋側ではなく
日本海側の海の幸も楽しもう!

結局、食い気(笑)

で、2年かそこら前に食べて以来
忘れられなかった、アレを食べたい!

みんなに提案すると

「食べたーい!」

素晴らしい団結力(笑)

それは…なにかと言いますと…

鱒の寿司。

そんじょそこらの鱒の寿司ではない。
予約注文のみ。
食べる日付を確認して熟成させるという
パーフェクトな鱒の寿司なのだ。

ということで、実は、岩手に行く道中で予約を入れた。

店が開いている17時までに取りに行かねばならない。

目指せ!魚津!

東北道で、お盆渋滞に少し巻き込まれたときには焦った。

しかし、磐越道で巻き返す。

目指せ!魚津!
目指せ!鱒の寿司!

私たちの原動力だ。

アホです(笑)

そしてナビの予想を大幅に巻き
16時に無事ゲット??

鱒の寿司

中身の写真はネットで拾ったものです。
その日のお米や鱒の加減によって、
樽を開けた時、鱒が上にあったり、底になってたりするんだよっ!

すごいねー!

明日食べる予定で作ってもらったので
開けるの楽しみだ(笑)
まさに旅のオマケ付き(笑)

さて、無事鱒の寿司を受け取り
今度は氷見に向かう。

氷見の美味しい魚を食べたーい。

ということで、氷見番屋街の氷見前寿司へ。

あ、なんだかんだ3日連続で寿司だ(^_^;)

氷見前寿司

のどぐろ頼んだら、私のでラスト!

「ラストなのでサービスしておくよ」

と言って3貫握ってくれた??!
むっちゃ美味しかった。

のどぐろは冬が旬だと言われるけど
実は夏場がとても脂乗って美味しいんだって。

そのほかも地魚中心に7皿食べて満腹。
毎日言ってる(笑)

夜中走って帰るため、寿司のあとは隣にある
氷見総湯へ。

初めて入ったけど、良い温泉で
湯上りは座敷でごろ寝。

私はそういうところで寝られないけど
みんなグウグウ寝てくれたので
今は頑張って運転してくれてる。

このあと、休憩はさみつつ、帰ります。

旅はおうち帰るまで。
みんなを送り届けて、自宅に戻る予定です。

ああ、寂しいな。もう終わっちゃう。(笑)

追伸
明日はうっかりBARは休みです。

こちらの記事もぜひ

悲しい連鎖

鼻は健康ッス

今日のメイン

コメントを書く