アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

きゃーーーー!

夏なので…怪談など。

今昔物語の一節を朗読。
さらに、自分の知ってる怪談を一本。

こんな課題を出した。

今昔物語の方は、たいして怖くもない話だが
どちらにしても朗読のテクニックもまだまだ足りない。

それはまぁ、仕方ない。

しかし、自分の知ってる怪談…の方は
フリートークはさておき
どこかから拾って、書き起こしてきたものを朗読した子の

なんともイキイキとした雰囲気(笑)

なんなんだ?

「朗読します」

となると下手なのに。

しかし、仕事とはこういうことなのだ。

「ナレーションします」

と言って下手ではどうにもならない。

自分が書いた文章であろうがなかろうが
どちらも同じように読めないとねぇ。

さて

フリートークで披露してくれたネタの中に
むっちゃ怖い話が(^_^;)

思わず、最後のオチ?を聞いて

きゃーーーー!

と叫んでしまった。

お恥ずかしい(笑)

しかし、まさに「トリハダ」もんだった。

晩夏の怪談。
なかなか良い企画になりました(笑)

やすらぎ

こちらの記事もぜひ

ストレス発散の方法

方向を示す人

悲しい連鎖

コメントを書く