アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

こだわりの歌

俳句も短歌も読み方が難しい。

意味を考えずに歌うように読むのが良いのか?

そうなのか?

俳句も短歌も
リズムは五と七であるが
意味は十二までつながるときもあるわけで
それを考えて読んだほうが良いのではないか?

その辺りの正解はよくわからないのだが

短歌の読み方にリクエストがあり
その方としては歌うように読むべきとのこと。

それが当たり前。

ほぉ。。。

で、全体的にも色々細かくリクエストがあったので
珍しいなぁ、と思っていたら

「元、国語の先生らしいです」

やっぱり(笑)

昔の先生は歌うように読むわな。

私は上手く句を読みあげたくて
俳句を始めた。

ナレーターならではの俳句の読み方がしたい。

季語を言う時にも
その季語のイメージが湧くように読みたい。

出来ひんけど(笑)

いちぢくや熟れた熟れぬと顔そろへ 京町

美味しい生ハムいただいたので
いちぢくにくるりと巻いていただきました。

いちぢく

こちらの記事もぜひ

今日のメイン

朗読力

親孝行

コメントを書く