アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

ボイストレーニング

懐かしい場所での録音があった。
旧関西テレビである。

そこに向かうとき、いつも思い出すのが、あるプロデューサー。
昨日の日記にも出てきたのだが、
私は昔JARTICのアナウンサーだったことがある。
その頃、民放の朝の情報番組の中での交通情報を担当していて
そのプロデューサーと知り合った。

親分肌のちょい悪オヤジ系だったのだが
色々お世話になった。

そのPに言われた一言が、
「下間はええ声してるけど、まだ艶が無い。声はもっと変わるで」

それなりに発声練習も積んでいたので、言われている意味が実はよくわからなかった。
ところが・・・

その後、事務所の大先輩に、改めてボイストレーニングを受け、
自分自身もかなり訓練を積んだある日、
スイッチが。

最初は気付かなかったのだが、とにかく声を出すのが楽で、
そしたら、事務所の先輩に「声の響きが変わったな」と言われて
「あ!」と思った。
「艶」はさておき、あの時のPが言っていた通り、声は変わったし、
基礎なんてまだまだ出来ていなかったんだ。。。なんて改めて気づいて。

そんな私も、今はボイトレの指導をさせていただくことがある。
自分の訓練にもなるので一石二鳥。

昨日、美容院に行ったら、
店長から「M-くんとRっきーが全然大きな声が出ない。どうしたら良い?」
と、尋ねられた、

そこで、パーマをかけてる最中、にわかボイトレ。

本当はもっと真剣に教えてあげたいけど、
毎日続けられれば絶対変化はあると思うのでちょっとだけ。

「毎日続ける」のが一番難しいんだよな~
ちなみに、私の発声法もまだまだ勉強中。
いま、一番課題としているのは「普通の声を出す」ことです。

こちらの記事もぜひ

ぽくぽくしました

好きと言わないで

甥っ子のゆくえ

コメントを書く