アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

シュールだなぁ~

友人で芸人の「こっこ」を含む
三女美のイベントに行った。

さんじょび

オープニングからセクシーなダンスを披露し、美熟女のオーラ出まくり!

平均年齢いくつだ?いったい?あ、失敬( ̄∀ ̄)

足は細いし、背中のお肉は無いし、身体も柔らかい。フォ~☆

友達こっこちゃんは一輪車やフラフープを使って、さすがの芸を披露。
多少の失敗もまた、その芸の難しさがわかるので拍手喝さいである。

シルクさんのサルサダンスは、上手いのか何なのかわからないところが面白い(笑)
ただ、女性のための若返りプチ講座をしてくれて、
お客さん全員参加で血流を良くする体操。
腹式呼吸がいかに若返りに効果あるかを熱く語っていた。
日頃私がやってるボイトレと、ほぼ同じだったので、私も将来シルクさんみたいな美熟女になれるかも?!

めぐまりこさんは自慢の喉を披露。
天城越えを歌ったのだが、これが笑える。
わー、こんな感じで宴会カラオケで歌えたら皆盛り上がるだろうな~。メモメモ。←やるつもり?

以前、こっこちゃんとカラオケ行った時、
私の十八番である「愛の水中花」をすごくセクシーに(若干ポールダンスが入っていた)歌いあげられてしまった。
私は、日頃、亡き父親譲りの歌い方で勝負(←何の?)していたので、
さすが芸人は一味違うなーと恐れ入ったものである。

さて、ゲストの藤井君も漫才コンビのプラスマイナスも、そのほかのゲストも本当に面白かったのだが、
ある意味一番ウケたのは、やはり、こっこちゃんのとてもシュールな新ネタである。
確か今年の初めかなんかに「ネタおろししたらウケた」と本人から聞いていたので、
始まった時は「あ!あれだ~!!」とワクワクo(`▽´)o
どんなネタかというと・・・

「由紀さおりの真似をしながら、とあるネタをする」

というものなのだが、これが微妙な空気の中で進んで行くので
むふ、むふふふ・・・と笑ってしまう。あくまでもワハハハ!の笑いではない。
でも、こういう面白さって大好きなのだ。
ゲストの藤井君もそのシュールさにマジウケしていたように見え、私も何だか嬉しくなった。

お笑いのイベントは滅多に行かないが、
芸人さんたちのさすがの舞台に感心しつつ、笑って心もスッキリ!

今朝、テレビで、桂三枝さんが
「ミュージシャンが歌で被災地を支援するのは良いけど、お笑いはタイミングが難しい・・・」というような話をしていた。
不謹慎・・・
そう言われかねない微妙なジャンルだが、
「音楽」のメッセージ性とは違って「笑顔」を誘う芸人さんたちの力もきっと素晴らしい支援になるんじゃないかしら。

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

仮面舞踏会

コメントを書く