アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

険しい山道の先には

やっちゃったよー。
またうっかりブログを更新しなかった。。。

毎日更新!を掲げているのに、悔しいなあ。

昨日から上京しているのだが、昨日はもともと早目に帰るつもりだったので、
ブログを昼間のうちに更新しないでも大丈夫だと思って余裕をかましていた。
いつもなら稽古の後に飲みに行くが、
給湯機が壊れていて、銭湯に行かねばならなかったからである。
近くの銭湯は12時まで。朝はやっていない。

ところが、ネットでしらべてみたら、御徒町あたりに朝早くからやってる銭湯があるのがわかった。

朝風呂にしよ・・・☆

と思った瞬間、飲みに行くことが決定!
それと共にブログ更新のことは失念してしまった。浅はかだ。(ダイエット中につき、ちゃんと飲食量は控えております♪)

浅はかと言えば、
昨日からいよいよ公演の作品稽古が始まった。
他のメンバーは具体的な指導を受けるも、私はそこまで辿りつかなかった。

作品の捉え方が足りないのだ。
人間性が出る・・・と思った。浅いのだ。そして冷たい(ToT)

私なら?という考え方から入ってしまうと、作品本来の味じゃなく、語り手の勝手な解釈になってしまう。
わかっちゃいるけど、他にどう捉えるんだ???と混乱。
でも、ひとつ師匠からヒントをもらうと、

なるほど!そういう考え方もあったんだ!!

まだ1カ月以上あるさ、なんて言っているうちに、あっという間に時は過ぎる。
毎度険しい山が目の前に立ちはだかっている。

「とよばーに妥協は許さないよ」

師匠からメールが届いた。
励ましの言葉だと思う。

さて、もう一度本と向き合う所から始めよう。

こちらの記事もぜひ

ぽくぽくしました

好きと言わないで

甥っ子のゆくえ

コメントを書く