アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

姉様も晴れの日

神戸ベイシェラトンホテルへ。

可愛い後輩の披露宴である。

12時からの披露宴に出席するのは180名のゲストたち!芸能人か!(笑)

当初から出入りだけでも時間がかかるので押すだろうと予想されていたが、、、

始まったの12時55分だしー(^◇^;)

後輩はDJもやっていたので、披露宴のオープニングは彼女がDJをするFM番組で新郎からのお便り(今日結婚するリスナーさんという設定)を読む、というスタイルの映像から始まる面白い演出だったのだが

後輩がこう言うのだ。

「時刻は12時5分を少し回ったところです。いよいよ2人の登場です!」みたいな。

笑いが起こった。

もう12時55分だよ!(笑)

とまぁ、大幅な遅れの中披露宴スタート。

和やかだけどやっぱりそうそう全てスムーズには行かず

今日のわたし、かなーり頑張ったと思う(笑)披露宴の司会なんて久しぶりだったけど〜

20人以上にインタビューをし、余興の進行も担当し、何度となく「繋いでください!」無茶振りを受け(笑)

16時過ぎにに披露宴が終わった頃はもうヘロヘロ。

でもね。

2人が「姉様〜♡」と喜んでくれたら、もう姉様ハッピー!(#^.^#)

あー、やらせてもらえて幸せ。

そう思うのですな。

足は棒だけどー(*´ω`*)

ところで、新郎が最後の挨拶で驚く発言をした。

「私はたぶんアスペルガーだと思うのです」

え?!いきなり?!

診断されたわけではなく、本を読んで当てはまったらしい。

そう言えば、、、打ち合わせのとき、後輩が同じ内容を何度も丁寧に説明しても、今ひとつ理解しているように見えない表情を見せていたり

若い頃にかなり無鉄砲な行動を取っていたり

ふらりとどこかへ行ってしまうようなタイプらしく、、、

で、そんな自分で迷惑かけるかもしれないが嫁にもみんなにもお世話になります。と。

彼なりに自分と向き合って、何かを乗り越えようとしてるのだなぁ、と驚きつつ感動した。

後輩は賢いので、きっとうまくやって行けると思う。

「わたしの応援団長はこれまで父親だったけど、今日、バトンを彼に渡した」

後輩がうまいこと表現していた。

もしも彼がアスペルガーでも、だからこそ応援団長としてめちゃくちゃ一生懸命応援してくれるんじゃないかな。

羨ましいね(●´ω`●)

幸せになってね♡

 

というところで話が終わりだと思ったら大間違い!

長丁場でフラフラになった後、MBSの「映像18」の収録へ。

喋り倒したあとの収録、、、不安。

18時30分に始まって22時に終わった(笑)

体力足りないなー。

実力もまだまだだわ(>_<)

反省点、勉強になったところ、収穫多い収録だった。

今回のオンエアは3月26日月曜日0時15分かな。まあ、日曜日の夜中って考えた方がわかりやすいかな。

MBS「映像18」です。

がんゲノム医療の最先端の話です。

 

こちらの記事もぜひ

嵐山や道頓堀や仁和寺

缶詰

半年溜めました!

コメントを書く