アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

言うは易し

叔母の家の撤収完了。

最後はやっぱり業者さんに頼んだ。

リサイクル料含めて146000円。

たか!と思ったけど、横で眺めていたらそれくらいだなと思った。

私は私で、最後まで少しでも捨てないでいいもの、売れるものを仕分けして

高速代とガソリン代かけて(笑)丁寧に扱った。

中でも、少しでも売れて、叔母さんに渡せたら良いなぁ、と思うものはメルカリ行き。

これが結構手間がかかる。

写真撮影、採寸、出品。

先に古物商に査定も頼み、大した金額にならないことを確認してから値段を設定した。

自分の価値観と他人の価値観は違う。だから値段設定も難しい。

これは良いものだけど、リサイクルショップでは数百円にしかならない。

手間はかかるが、もちろん格安だが、メルカリに出した。

3000円。

売れた。

そのことを姉、従姉妹とのLINEに報告したら

「良いものだもん。安い!」

との返信が。

ふざけるな!と言いたいのを堪えて

リサイクルショップでは数百円だよ、古物商は買ってくれなかったんだよ

と、丁寧に説明せねばならなかった。

売れたら「安過ぎ」売れなければ「高過ぎ」

価値観の心理戦など誰がやれるねん。

売れ残ったら我が家でいつまでも邪魔者になるのだ。

と、いうところを想像してもらえないと辛いね。

親戚一同で協力し合ってはいるけれど。

叔母さんの施設の保証人は私がやむなく受けて

しょっちゅう施設から電話がかかってくるのに対応していることをわかってもらいたい。

そんな中、メルカリをやっているのだよ。

 

まぁ、愚痴ですわ。

1人に負担がかかるのは、最終的に叔母さんの為にならないしね。

今日はそんな埃だらけの1日だったが

ほんの一瞬だけ。

遅い遅い遅いランチ

のあと、蹴上のインクラインで花見。

癒されたわ。

こちらの記事もぜひ

ボスがびびる仕事

大富豪で負ける

うっかりBARは中央区

コメントを書く