アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

橋を渡る

福島で仕事した帰り道、歩くことにした。

いつもと違う道を行ったら、違う橋に出てしまった。1本西の橋である。

何故か大きな淀川を渡る時、必ずと言って良いほど、途中でトイレに行きたくなる。

なんか・・・トイレ行きたいかも・・・

案の定、今日ももよおしてきた。
しかし、戻るのも進むのも、ほぼ同じくらいの距離。ほぼ真ん中である。
ああ、どうしよう!!

思えば、私は幼い頃からトイレにまつわるエピソードが数限りなくある。
要するに、しょっちゅうおもらしをしていたユルイ子だったのだ。
そのせいでトラウマになったのか?いまだにトイレに関するエピソードは尽きない。

以前、夜行高速バスに乗ったら、間違ってトイレ無しのバスを選んでしまった。
トイレが付いて無いと知った時、どんなに青ざめたことか!

出発直前にきちっと用を済ませ、万全の態勢で乗り込む。
ところが、出発後、
「次の休憩は2時間後です」
という、アナウンスを聞いた途端、再び無性にトイレに行きたくなってしまった。

そこからの時間は悶絶だった。
色々な想像が頭を駆け巡る。停めてもらおうか。我慢しようか。
そして、ついには・・・

などと、神業を必要とするとんでもない発想までしたほどだ。

でも、実のところ、そんなに急を要していない。精神的なもの。強迫観念なのである。

ってゆーか、別に今日はそんな話を書こうと思ったんじゃなかった。

トイレを我慢しつつ橋を渡る私。
戻る選択はせず、前へ進む。

しばらくすると、対岸が近付いてきた。
河川敷には高校生と思しき男女があちらこちらでグループをなしている。

放課後

わあ~、なんか、青春だ!

座り込んで語らう者。
川に石を投げる男子。
男女ペアで帰るのは付き合ってる子たちだろうか。

私はしばし足を止めて、その青春の光景をぼんやりと眺めた。

高校こそ女子高で、大した思い出はない私だが
中学時代は甘酸っぱい青春の思い出がある。
材木座の海にほど近い学校で、放課後を含めて四季折々の思い出はいつも海と共にあった。

そっか、この子たちの思い出の傍には、いつも淀川があるのか。

そんなことを考えていたら、さっきまでの尿意は全く失せている。
やっぱり、本当は別に行きたくなかったのだ。

わたしって・・・気、弱過ぎ(-"-;)

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く