アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

忘れる女。閉められない女。

行きつけのネイルサロンのKUMIさんはとても美人だ。

だのに、性格がさっぱりしていて、大らかで、男らしい。

私が、しょっちゅう物を失くしたり、忘れたりする、という話をしたら、
自分は、「蓋を閉められない」と言いだした。

化粧品などを使ったら、蓋を軽くかぶせただけでほったらかしなのだそうだ。

「昔、”ドアやふすまを閉めない人は、お尻を拭いていない人だ”って、親に叱られたよ。」

「お尻はちゃんと拭いてます!」

「へー、そうなんだ」

訳のわからない話をしながら私の爪を美しく飾ってくれるKUMIさん。

「これだけ忘れ物が多いって、どうよ。老化現象かね?だいたい私は慌て者っていうかさ。集中力が足りないのよね」
とぼやくと、
「下間さんは慌て者では無いと思いますよ。慌て者のお客さんは、店に入ってきた瞬間から、なんとなくわかるんです」

へえ、やはり客商売をしていると、色んな人が来るから、だいたい一目でわかるのかもしれない。
そっか、実際のところ、私は慌て者だけど、あからさまにそう見えないなら良かったわ♪

いや、ちょっと待てよ・・・ってことは、やっぱり・・・

単なる老化現象か!

先月は、岩手のボランティアに行くため、地味な色、デザインにしたけれど、
公演も近いし、ちょっとキラキラさせちゃお。

今月のネイル@ハナちゃん添え(o^∀^o)

ネイル

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く