アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

「ました」のハードル

甘いものは嫌いではないが、スイーツ女子ではない。

コース料理のデザートもパスして、それならばチーズをもらって更に飲みたいタイプなのである。

しかし、映像を観たら、、、

おぉーーー!めっちゃ美味しそうだわ!

思わず目が輝いてしまった(笑)

京都の錦市場にほど近いケーキ屋さん「パティスリー オ グルニエドール」

ところが!そのスイーツの数々はもう食べることができないのだ!!!マジか!

今日収録したドキュメンタリー番組で追いかけていたこの店、グルニエドール。実は既に5月末で閉店したのである。

行列ができる人気店が、惜しまれつつ閉店。

シェフの人生観で65歳で閉めると決意していたそうな。スイーツ作りに情熱を注いだ日々を捨て、これからは歳上の奥様との時間に注ぐ。

うーん、なんとも潔い決断。カッコいい生き方だなぁ。

シェフと奥様のコメントに思わずウルウルしてしまった(ToT)

で、そんな内容のドキュメンタリーに添えるナレーション。

はぁー今回も難しいわ、、、。

特に文末。「〜ました。」が特に。

内容に入り込めば自然と文末まで気持ちが乗る。でもね、微妙にブレることがあるのだよね。

ドキュメンタリー番組は、作り手や登場人物の想いが深いだけに緊張感あるわぁ。

、、、って、今までどんだけ緩かってん!!!(笑)

緩かったのではなく、思いに至ってなかったんだな、うん。まだまだだわ私。

オンエアは6月24日日曜日深夜0時50分からMBS「映像18」(日付は25日です)

さて、今夜は前から興味あったカジュアルフレンチへ。

夜の仕事のあと、21時過ぎにも関わらず、がっつり食べてしまったー(笑)

フレンチだけど鉄板メニューがいっぱいの人気店!グラスシャンパン500円くらいからという安さ(笑)人気があるのも頷ける。

ただ、かなりやかましい店なので会話を楽しむのには不向きだけどね。

ご馳走さまでした!

こちらの記事もぜひ

噛む理由

腹を決める

置き屋の女将的な?

コメントを書く