アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

忘れさせてくれ

夕方、ショッキングなLINEが入った。

連絡が途絶えていた方と繋がったという。

でも、その後の対応ひとつで全て変わってしまった。私の臆病さゆえのことである。

私から電話をするのは怖い。

そういうと、繋いでくれた人が「では僕が」とかけてくれた。

そして、無事連絡が取れたことを教えてくれて、直後に私からも電話をすると伝えてくれた。

生きてた!

嬉しくてすぐ連絡した。すると、、、

違う人が出た。息子だ。

そして「二度と連絡して来ないでくれ。こっちの状況わかるでしょう?僕は癌なんです」

おいおいおい。私がかけたのは母親だ。

何故あなたが出るの?私はお母さんと喋りたいだけです。

それなのに

「迷惑ですから!」

それは貴方でしょう?今はお母さんと私の問題です。

ところが「僕が嫌なんです!」

お母さんにそう言われたらかけませんけど!

ガチャと電話は切れた。

頭がおかしくなっている(;ω;)と思った。何故母親の人生をコントロールしたがるのか?

孤独な人間の母親への執着?

自殺願望のある男が、新幹線で無差別殺傷するように、人を巻き添えにしているようだ。

隣で「なんでそんなこと!」と苦しむお母さんを想像して胸が詰まるようだった。

私と会うと、手を握って喜んでくれていたお母さんの顔が忘れられない。

癌を患っている人の気持ちはわからないでもないが、やっちゃんは癌になったとき、甘えこそしたが、誰かを傷つけようとしたりはしなかった。死に直面していたときも、感謝の言葉しか言わなかった。

心が乱れたまま、仕事関係の飲み会へ向かう。

先程の一件を連絡した親しい人からLINEが届く。

でもここは、今夜の宴を楽しく盛り上げなくちゃ!

久しぶりの変態魚。

 

みんな期待以上に喜んでくれて、宴席も盛り上がった。

私の心も平静に戻る。有り難い。

レーズンバターが美味しすぎて、お代わりいただく始末(笑)上の写真とビミョーに違う(笑)

飲めないはずの人が結構飲んで、これは美味しいアテと、この場の盛り上がりの影響ではないか?と自画自賛(笑)

サービスの品もいろいろ出てきて、なにもかも忘れて今宵の飲みニケーション。

めちゃお腹いっぱい!

ご馳走さまでした!

こちらの記事もぜひ

今日のメイン

朗読力

親孝行

コメントを書く