アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

ことの始まり

何かが終われば何かが始まる。

こればかりは予測できないが、なんとなくそんな流れがあると思うのは私だけだろうか。

もともと、乗りが軽いのか?
楽しそうなことがあったらすぐ乗っかってしまう。

震災後、何かしたい!と思っていた矢先に、
51プロジェクトという企画に誘って頂き、訳も分からず手を挙げた。
震災にかかわること、なんでも良かったのかもしれない。

震災から51日目がちょうど5/1に当たるということで、
その5/1の日常の中で、「何か」・・・人でも何でも良いのだが、「繋がった」と思える瞬間を動画として収めるという企画だった。

たまたま上京していた私。
仲間と一緒に入った蕎麦屋でもカメラを回して、仲間たちは不思議そうに見ていたっけ。

さて、その企画で出来あがった皆の5/1を凝縮した映像の上映会が今日あった。

撮影ど素人の私は、かなり気おくれしてしまい、出席しようかどうしようか迷っていたのだが、
これもたまたま、仲良くしてくださっているスタジオの方が、「行こうよ」と声をかけてくださり実現した。
誰かに助けてもらえるのも、またタイミング。

早起きして臨むゴルフ。寒いけど行ってみたら楽しいスキーと同じく
行って良かったと思える会だった。

「MY DAY MAY DAY」と題した10分ほどの映像。
津波の映像は出てこないのだが、震災前の被災地の海や、たった一人取り残された7人の小人の像を見ただけでも
泣けてきて、
その後綴られる5/1のありふれた日常に、希望とか、感謝とか、でも、時間は過ぎて行くという無情も多少あって
人生を凝縮したようなドラマティックな映像を見た。
いや、ドラマティックなのか?
というか、震災があろうとなかろうと、皆生きているという奇跡の1日。

大袈裟かしら?

上映会だけでなく、日頃お会いできない方々とお話も出来て、
自分の小さな悩み事も忘れて、新しい一歩が踏み出せるような、勇気さえもたらしてくれた。

やっぱ大袈裟??

これもまたFBのお陰であり、
今のところ、私の視野を広げてくれるツールであることは間違いない。

51

こちらの記事もぜひ

持ち込み営業

桜の別れ

コメントを書く