アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

記憶のかけら

かつて、バブルと言われた時代があった。

年頃の女性たちは、皆、ワンレン・ボディコンで、夜の街を遊び倒していた。

「ひえ~!!恥ずかしい!!
そんな時もあったよね。私たち。」

学生時代の友達と、15年ぶりに再会した。

私と彼女は学校は違ったがサークルの仲間だった。
もう一人、仲良しの子がいて、3人でキタやミナミで遊んだっけ。

これぞバブル!的な原色のボディコン服。ロングソバージュに、前髪はトサカ状態。

ああ、昔の写真は見たくない!

久しぶりに会って、昔話に花が咲くが、いかんせん記憶が曖昧になっており、

「そうだっけ?」
「そんなことあった?」

ということも多い。

せめて数年に一度は会って同じ話で笑い転げないと、せっかくの思い出も記憶からこぼれてしまうようだ。

「十三のビジネスホテルでさ~、一緒に泊ったよね?」
「それ、私ちゃうよ。話は聞いたけど」
「あれ??じゃ、誰だったかな?」

だんだん話がごちゃ混ぜになってくる。

十三のビジネスホテルの話というのは・・・

当時、サークルの先輩がそこでバイトしていたので、ある夜遊びの晩、予約してもらったのだが
行ってみると、「ご休憩」の値段設定があるようなホテルで、行ってみてびっくりした・・・という話である。

まあ、そのホテルの名前が・・・「ビジネスホテルOK」というんだから
行く前に何となく気付いても良さそうなものだった。

ちなみに、このホテル、まだ健在(笑)

色々と恥ずかしい思い出が蘇る中、
今日の結論。

確かに・・・二人して思わず苦笑い( ̄∀ ̄)

長年、関東で暮らしているのに、いまだ関西の乗りが滲み出ているユーモアセンス抜群の彼女。
当時仲良かったもう一人の子も居れば、
もっと記憶のかけらが集まって、鮮やかに青春時代が蘇ってくるかもしれない。

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

仮面舞踏会

コメントを書く