アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

歌舞伎と女子野球のつながり、これやいかに?

あ!揺れてる。

和歌山で震度5強を観測したその時、
私はちょうど松竹座で歌舞伎を観ていた。

一瞬会場がざわめく。
舞台上の役者たちは、わかったのかわからなかったのか・・・
表情を多少強張らせたが、そのまま演目は進んだ。

3/11のあの日。
語座の仲間たちの何人かはとある朗読の公演を観に行っていて、地震にあった。
歩いて帰ったというエピソードを、瞬時に思い出した。

幸い、今日の大阪は震度3だったので問題なかったが。

松竹座。7月大歌舞伎である。
チケットは、実はいただきもの。友人経由である。有難いことだ。

夜の部だったので、その前に、松竹座近くの喫茶店・アラビヤコーヒーに立ち寄った。
何度かお邪魔したことはあるが、今日はたまたまママさんが店に出ていた。

ママさん・・・高坂峰子さん(78歳)
ママさんは、実はその昔、戦後すぐの一時期だけ存在した、女子プロ野球の選手だった方。
今も大変お元気で、大阪シルバーシスターズとして試合もしているという。

女子野球

「わ~、ママさん、お会いしたかったんです!」

カウンターに座り、アイスコーヒーを持って来てくれたママさんに話しかける。

ママさんは快く相手をしてくれた。

「来月東京で始球式を頼まれてるから、その前の日に西武ドームに女子野球を観に行こうと思ってるんよ」

へ~そうなんですか!!

今でも、講演会や、始球式や、あちこちお呼びがかかるそうだ。

「前期の最終戦、京都が意地を見せたし、今年は面白いね」

はい!去年とは随分違いますね!

「そやねー。去年は守備がねえ。。。そういうのが少なくなったね。メンバーも入れ替えて、バランス良くなって」

よく球場に観にいらっしゃるんですか?

「尼崎までは車ですぐやし、行ってるよ。監督さんとも心安いしね」

京都は監督が変わって強くなった面もあるんですか?

「まあ、佐々木さんはプロで活躍した人やからね・・・でも・・・」

でも?

「(自粛)」

あはは!言っちゃった(≧∇≦)
後期は絶対観に行きます!

「球場で会えるね」

ママさんは夏の間、ゴルフの予定や仕事(講演など)の無い日は店に出ているらしい。

「早い時間に家帰ったら暑いしね。ここが涼しいから(笑)」

めちゃめちゃお茶目なママさんでした。

じゃ、歌舞伎行ってきます!マスター、有難うございます♪

「ハイ楽しんできてや」

途中、地震があったけれど、それはそれは夏らしい、楽しい舞台でした。
愛之助カッコイイ!

夜の部は歌舞伎を知らない人でも楽しめる、狂言、要するに喜劇なので、笑えます!

歌舞伎

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

仮面舞踏会

コメントを書く