アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

受け身のみ

想い出のイタリアンに。

今は北海道に住んでいる人と、今は空の上の人と

いろんな話をして、食べて飲んで、旅の計画をして。

でも、あの頃はこの店はもっと狭くて、

私たちはいつも急な階段を上った二階のテーブルにいた。

奥さんがオーダーを取りに来るのが大変そうだったっけ(笑)

あの時の店構えの方が良かったなぁー。でも、美味しい料理は健在です。

という今夜の予定があり、夕方出かける準備をしていたら、、、

電話が鳴った。

あ!!!!

空の上の人のお導きかしら?彼女の母からだった。

ややこしい訳ありで、私からは電話ができないので、次はいつ連絡があるかなー?

そんな風に思ってた矢先だった。

様子を尋ねるまでもなく、お母さんは辛い胸の内を話し出した。

とにかくストレスのはけ口が無いので、私が聞いてあげるしかない。

うん、うん。

時折言葉が見つからず困っているのは病気の後遺症だ。

慌てないで良いですよ。思いついたら話してください。

「こんなんですねん。なんやったかな、、、」

と、そのとき。

「あ。あきませんわ、切りますね、また!」

小声で言ってプツリと切れた(ToT)

ややこしい訳、、、ありなので仕方ない。

しかし、話したかったことの10分の1も話せてないだろうと思う。

そしてまた、、、私はいつかかってくるかわからない電話を待つのだ。

あぁ、辛い。

空の上の彼女が悲しんでるだろな。

イタリアンの近所でステキなバーを発見した。

マスターが個性的なイケメンでした(笑)

こちらの記事もぜひ

嵐山や道頓堀や仁和寺

缶詰

半年溜めました!

コメントを書く