アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

もう一度食べたいあの味

もう一度食べたい!って思うものある?

そんな話で盛り上がった。
国内海外問わず、である。

私の場合、
最近では、一軒、最高に美味しいと思ったピザがあった。
阪急池田駅近くにあるPizzeria Pancia Pienaである。

たまたま見つけてランチに入ったのだが、このゴルゴンゾーラのピザがめちゃめちゃ美味しかった。
それから是非もう一度行こうと思うのだが、予約が一杯で取れなかったりして行けていない。人気店。

記憶を遡ってみると、
何年か前に行った、常神半島の民宿がある。
「素潜り漁師の宿・仁平」
というのだが、そこで食べたアワビやウニのそれはそれは美味しかったこと。
ウニは生で食べたが、アワビのバターソテーなんか、ビックリするほどの柔らかさとコク。
そして、とても朗らかなお婆ちゃんお手製の品々も絶品。お婆ちゃんがえっちらおっちら山の畑で取ってきた野菜の漬物も。
再訪を約束して帰ったのだが、その後、何故か宿は閉じてしまった。
お婆ちゃんに何かあったのか?と気になりながらも追及はしない。思い出は大切にしまっておくことに。
しかし、もう一度行きたかったなあ。。。

もう一軒、もう二度と食べることのできない味がある。
先斗町に「若松」という割烹があった。
そこで冬に出してくれる鴨鍋。。。これがよそで食べるものとは断然違ったのだ。
毎年、家族で訪れた思い出の味でもある。
友人も案内したが、異口同音に「美味しい!!!」
もう一度食べたい、と今でも言ってくれる大ヒットの鴨鍋だった。
でも、ご主人が亡くなって、店を閉めてしまった。

鴨肉の下ごしらえがちょっと違ったはわかる。
どうやってたんだろう?片栗粉をまぶしてたんだよなあ。。う~ん、まさに秘伝の味。

もっともっと遡ると、まだ20歳そこそこの頃、友人と初めてハワイに行ったときに食べたステーキがある。
ハネムーンでも無いのに(もちろん友人は女だし)ハレクラニに2泊、ウェスティンマウイに3泊というなかなか豪華な旅。
そのとき、ホテルのレストランでフィレステーキを注文したら
「やわらか~い!!!」
感動的な美味しさだったのだ。

初めてのハワイで、恐らく気分も高まっていたのだろう。
旅の思い出と共に食の思い出もある。

ちなみに、私意外の人は
「アメリカで食べたハンバーガー」
「アメリカで食べたホットドッグ」
「フランスで食べたもの全部」など。

ところで、考えてみると、意外にも「好きな人と食べた思い出の味」というのが少ない。

「緊張してあんまり味わってなかったのかも・・・(≧∇≦)」

私が言うと、

「え?下間さん、緊張したりするんですか?( ̄∀ ̄)」

と言われた。

ひどいなあ。私だってそんなウブな頃もあったのだ。

大好きな人とドライブにでかけ、お手製弁当を食べて、なんだかやたら美味しく感じた・・・なんてこともあるが、
実のところ、お弁当の味はぼんやりしか覚えてなくて、二人で野っぱらに座って向き合ってる空間が幸せだっただけ。
その時の心情、場所、天気、空気、色々な思い出がメインであって、そこにお弁当がオマケで付いてくる感じ。

料理に集中できる時というのは、本当に気の置けない間柄と一緒の時なのかな、と思う。

誰と行っても、どんなに気分がめいっているときに行っても
「美味しいもんは美味しい」と思え、
そして、幸せな気分にしてくれる料理との出会いは貴重だ。
そういう店、あったかな?

そういえば、つい先日20年ぶりに食べたインディアンオムライスは、もう一度食べたかったあの味だったっけ。感動だった。

ちょっと待てよ。
ふと気付いた。

もう一度食べたい・・・そんな店を探す前に、そう思ってもらえるような私の料理を作るべきでは?
料理は好きだし色々作るけど、いざ得意料理は?と聞かれてもよくわからない。
よ~し、私と言えば「コレ」って料理を1品作ろう(o^∀^o)

なんだ?私。キャラ変わってるし(笑)

こちらの記事もぜひ

持ち込み営業

桜の別れ

コメントを書く