アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

手を握れるか?

そら

都合で一日前倒しにしたが、本来は今日が父の命日である。

暑い暑い真夏の夕方、父は逝った。

死ぬ直前、父の身体をさすったり、父の手を握ったり、必死に呼びかけた。
そんなことを自分が自然に出来るとは思ってもみなかったのに。
父と私の間には公言できないような色々なことがあり、溝があったのだ。

それでも感謝しなくちゃいけないってことは分かっていた。
私が生まれてこられたこと。養ってもらえたこと。健康であること。精神的に強くなれたこと。反面教師として君臨してくれたこと。

私が家を出たあと、一度だけ父を我が家に招いた。
父の好きな料理を用意しようと、あれこれ考えて準備した。

くじらベーコン。
生レバー。
それから焼き肉。

料理・・・じゃないか?(笑)
でも、父の好物ばかりである。

「くじらベーコンか!珍しいなあ。うまいなあ。生レバーなんか、売ってるんか?」

喜んでいたことを思い出す。

最後にご飯とお味噌汁を出したら
「この味噌汁は良い味や。どこの味噌や?」

「そう?あはは、まあね。」
マルコメ味噌だとは言えなかった。

母は何度も遊びに来たが、父を招待したのは最初で最後、これっきりである。

父が死んだ今でも、私は悪夢にうなされる。
父が怖くて怖くてたまらない夢だ。
ガキじゃあるまいし、私はそういうところ、駄目だなあ。

命日

父のためにくじらベーコンを用意する。
ビールはサッポロだっけ?でも、あげない(笑)
オロナミンC、好きだったでしょ。これで我慢してよね。

こちらの記事もぜひ

♡のマーク

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く