アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

1番2番

体育の日。

運動がてらハイキングに行こう!

ということで、朝から砥峰高原を目指した。

砥峰高原はススキの名所で、平清盛やノルウェイの森など、映画のロケ地にもなっている。

ちょうどススキが満開の頃らしい。

連休最終日ではあったが、渋滞もなく目的地に到着する見込みである。

ちょうどお昼前になりそうだし、、、と、ネットで調べた囲炉裏の宿で昼食を取ることにした。

幸い電話予約すると当日でもOKとのこと。

なんとなく、、、のいつもの食いしん坊の勘で決めたのだが。

アタリ!!!

とても丁寧なお料理で、メインの炭火焼きなんて最高!

まだピクピク動いてる鮎を串刺しにして、

じっくりと焼く。

出来るまでの間に銀杏を炭火で炒り、、、

こりゃ飲まずにいられない〜

はい。岩魚酒を1人で(⌒-⌒; )

しかも次酒まで(⌒-⌒; )

「歩く気ないやろ、、、」

と、突っ込まれつつも、なんと幸せな休日だこと。

最後のアマゴ鍋と新米の炊きたてご飯まで完食!

えーっと、このお料理。3500円。

めちゃめちゃお得でした。

こんなことしてのんびりしてたら遅くなって、肝心の砥峰高原に着いたのは15時回ってた(笑)

でも、人もかなり減った頃合いで、かえって良かったかも。

お酒を抜くためにもしっかりハイキング!

なかなかのアップダウン。ススキの間を抜けてぐるりと歩いてまわる。

綺麗だなぁー。

ランチも素晴らしかったけど、やはり自然の情景には敵わない。

曽爾高原も行ってみたいな♡

こちらの記事もぜひ

ストールで釣る

南から東

初めての手料理

コメントを書く