アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

さよなら24

高橋由伸のファンだった。

顔が可愛くて、お育ちの良いお坊ちゃんで。

私は「由くん」と呼んで応援していた。24番のユニフォームやタオルも揃えて応援したっけ。

でも、監督になってからの由くんはパッとしなかったなぁ。お坊ちゃん気質のせいで選手がピリッとしなかったというか。

バッターはまだしも、ピッチャーの使い方が良くなくてイライラした。

とうとう今シーズンで引退することになったと発表した時も

良かった。

と、思ってしまったくらい。

今夜はシーズン最終戦。たまたま雨で中止となった甲子園での試合が今夜となり

仲間から回ってきて行くことにした。

特別乗り気ではなかった。でも、、、

やはり最終戦。しかも由くんの監督としてのレギュラーシーズン最終戦と思えば自ずと熱くなる。

気付けば久しぶりに真面目に声出して応援していた(笑)←本能?!

途中ヒヤヒヤの展開だったが、最後は大勝!

そして、試合後、由くんはじめ選手全員がレフトスタンド前に挨拶に来てくれた。

24番が深々と頭を下げた時には目頭が熱くなった。

胴上げしてもらえなかった24番。

改めてこれまでの「優勝に導いた監督」のすごさを思う。

由伸監督は力不足だけでなく、選手の怪我などもあり、不運だった。

ただ、今夜も2発ホームランを放ち、見事に今シーズン100打点に到達した岡本君を育てたのは由くんだ。

来季、さらに飛躍するであろう若き4番に、由くんのアイデンティティみたいなのを引き継いでもらいたいな。

最終戦。勝利の美酒に酔わせていただきました。由くんお疲れ様でした。

CSは当たって砕けろ!で頑張れ!

こちらの記事もぜひ

不器用ですから

1年後

スパルタ?

コメントを書く