アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

髑髏城の七人~あくまでも個人的な感想

待ちに待った舞台
劇団☆新感線の「髑髏城の七人」を観た。

髑髏城

はい、面白かったです。
良かったところ・・・

勝地 涼の切れのある動きと、言い回し。めちゃ良い味だしてた。
森山未来と早乙女太一の立ち回り。さすが!素晴らしかった。
そんで、肝心の小栗旬は・・・かっこよかった。

あと、高田聖子はさすがの存在感。出てくるだけで笑わせてくれる。
他にも脇役がユーモアを増幅してくれていたな~。
セットや照明、衣装も素敵。

で、前半と後半に分かれてるんだけど、
だんぜん後半が良かった。
クライマックスのシーン、相当練習したんだろうなあ。多少の失敗もご愛敬♪

ただね、前半はちょっと説明くさくてねー。あ、失敬。
せっかくの決めセリフが音楽に負けて聞き取れなかったりもしたかな~。残念。
見どころはちゃんと定期的に散りばめられてるのが
演出家の愛を感じるね。

来週も行くので、どう変わってるか楽しみ!へへっ☆
何しろ7日に初日を迎えたばっかりだからね。

最後に・・・あんた何様発言します。

小池栄子

仲里依紗

こちらの記事もぜひ

♡のマーク

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く