アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

5か月

今日で東日本大震災から5カ月が経ちました。

FACEBOOKでの呼びかけもあったので、ちょうど14時46分、私も目を閉じて、
被災地に向けて元気を送ってみました。

折しも、5月に私がお手伝いに行った岩手県の大槌町では
今日、「三陸海の盆」が開催されていました。

15日は花火大会が。16日は送り火が行われるそうです。

先日お邪魔した句会で、今年の1月に奥様を亡くした方がいらしていて、
その方とお話してると、本当にその寂しさが伝わってきました。
とても明るい方ですが、時折、本当にさびしそうな目をなさって。

大切な人を亡くした直後の一年間は
特に、春夏秋冬、なにかにつけて故人を思い出すものです。

去年の桜は一緒にここを歩いたのに、とか
夏になると美味しいかき氷を作ってくれたっけ、とか
まあ、色々と。

被災地の方々がどんな思いで今年の花火を眺めるのかと思うと、私も心が震えます。

そして、お盆・・・初盆がこんなにも大切な行事だということを
私は自分の親が亡くなったときにはじめて知りました。

大切な行事、というのは、自分がその人の死と向き合うためにも大切、という意味です。
もう一度会えるかも、そんな風に真剣に考えたものです。

今年は、私自身の身内の初盆はないけれど、東北の皆さんが、そして、私の友人にもお母様を亡くした人がいるので、
その人たちが、故人と向きあう静かな時間を過ごせることを祈りたいと思います。

すすき

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く