アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

子守唄はバイオリン

今日はシーナBARでライブ!

友達みんなに声かけて、変態の店でスタート(笑)

しかし、ちょい早く集まり過ぎて、2時間たっぷり食べて飲んだ、、、(⌒-⌒; )

日本酒飲みまくり。あー美味しかった!

ライブ中に寝ないように!とみんなに注意してたのに、、、

私が一瞬、舟を漕ぐという(笑)

「とよちゃんの寝顔がモディリアーニの絵のようだった」と言われた。褒められた気がしない(>_<)

後半は大好きなタンゴの連発でノリノリ!

やっぱりかっちょいいなぁ。

いつも思うのだが、亡き父親に感謝するのは

私に音楽を教えてくれたこと。あと、美味しいもの、お酒、服のセンス。

なにしろ右脳を鍛えてもらえたこと。

虐待を受けた過去はあるものの、それらは間違いなく、私のいまの肥やしになってる。

タンゴは特に幼い頃から聞いて、リズムも音のタッチも身体にしみついている。

一方、母には手料理の味を教えてもらった。

洋裁の技術は受け継げなかったけど、家庭の味を知り、盛り付け方とか、料理しながら片付ける技とか教えてもらった。

シーナさんの演奏を聴きながら、私は子どもの頃に戻る。

素直な気持ちを取り戻せるような。

ライブあと、みんなと別れてもう一軒。

寒かったのでホットバターdeラム。

心なしか、友人も子どもように純粋な会話。たぶん、みんなは知らない顔。

こちらの記事もぜひ

特友

主役は誰だ?

コメントを書く