アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

若者たちに元気をもらう

キャラフルワンダーランド。

私とは違う事務所のイベントにお邪魔してきた。

社長の島さんの、若者たちを売りたい!という思いがいっぱい詰まった舞台だった。

こんな風に応援してもらえるタレントの皆は幸せだな。

大阪の仕事は厳しいけれど、夢を持って頑張ってる若手たちに、エールを送りたい。
私も頑張らねば!!若者たちに刺激を受けた。

ところで、その舞台を観に行く途中の出来事。

堺筋線で天六に停車した。
すると、70代と見られるお婆ちゃんの二人連れが

「あ!これ天満はとまらへんのちゃう?」
「ほんまや、降りな」

慌ててホームへ降りた。

それを聞いた私。慌てて

「おばちゃん!次の駅やったら天満近いよ!」

大声で声をかける。

お婆ちゃんたちは「え~?」と半信半疑で車内に戻った。

「天満はいかへんやろ?」
「うん。でも、次の扇町からの方が近いねん」

私は下手くそな大阪弁で答える。
こういうときは大阪弁に限るのだ。

「ふらふら歩いて天満まで行こうと思ってたんやけど」
「行けるけど、扇町からなら近いよ」
「へー、ありがとう、お姉ちゃん」

果たして、次の扇町に到着すると

「ここですよ!降りますよ!」
「お姉ちゃんもここで降りるん?」
「ハイ」

扇町のホーム。たまたま降りた車両は、階段に近い場所だった。
お婆ちゃんの1人はショッピングカートを引いている。

「おばちゃん、はい、持ってあげるよ」

私が手を出すと、お婆ちゃんは

「いや、悪いな~。今日は親切なひとばっかしや」

というのも、電車の中で、若い男の人に席を譲られたという。そして、今の私。

「そうなんや。おばちゃん、今日はツイてるやん!」

笑いながらゆっくり階段を上がる。

自分でも笑えるくらいおせっかい。
でも、大阪らしい人情の中で、とても気持ち良くお婆ちゃんたちと別れた。

「あっちから出たら天満近いよ。」
「ありがとう!おねえちゃんも気をつけてな」
「うん、ほなね!」

お婆ちゃんにとってはちょっと若い私。こんな触れ合いも日常のひとこま。

写真は、舞台のあと入った焼鳥屋の「つくねスティック」

焼き鳥や

美味しかった。

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く