アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

タイミング

仕事先の方から

ちょっと相談あるねんけど・・・

と言われ、何かと思ったら、ある女性タレントさんにナレーションを教えてあげられないか?
という話。

事務所が違うのでどうか?とも思ったが取りあえず会うだけ会いましょう、ということになった。
彼女は実績もあるし、私が教えるなんて、ちょっとおこがましい気もするが、
私で役に立つならお手伝いしますとお返事した。

一方、最近私の姪(東京在住)の仕事の相談に乗っていたのだが、昨日、ふと思いついた。

そういえば・・・
私の飲み友達(大阪在住)が東京でも人材派遣会社を経営していて、そこに登録してはどうだろうか?と。

試しに友人に連絡してみると、タイミング良く明日は東京にいるという。
姪に話したところ、これまたタイミング良く明日は空いているというではないか。
さっそく面接のセッティングをした。

なんというか、物事が動くときってやっぱりこんな感じ。
自分にとって損得とかいうだけでなく、自分自身が誰かの歯車のひとつになってると実感する。
あくまでも主役は私ではないのだ。

なんとなーくご縁を受け入れていたら、何かが始まって、自分にも多少影響があって
脇役である私の人生も少しずつ変わっていく。

人の生死に接すると、ますますそんな気持ちが強くなって、
ちょっと考え方が変わってきて・・・
自分で不思議に思っている。

ある人に言われた。
「あまり浮世離れなさらないように」

そう見えちゃったの?まずいね。
人間らしく生きたいね。本能のままに。

食べたい物をたべるのだ。

ってなわけで、谷町四丁目の料理屋にて。
旬のサンマ☆絶品でした。

さんま

こちらの記事もぜひ

♡のマーク

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く