アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

序章です

3.11のイベントにおいて
とても重責を感じていることがいくつかあって

そのひとつがパズルプロジェクト。

大がかりな企画だけに、
なんとかせねばと動いているのだけれど・・・。

それともう一つ、重くのしかかっていたのが
八戸出身の書描家、日吉丸さんのパフォーマンスのこと。

社協の方からご提案を受けて、初めて彼とお会いしてから
なんとか力になりたく
ステージと、事前パフォーマンスをどう盛り上げれば
彼の名が売れるのだろうかと思い続け、試行錯誤動いてきた。

でも、いろいろな仕事を抱えてる中で、彼のリクエストすべてに応えられるわけもなく、
うまくパフォーマンスを演出できるか?彼の力を存分に発揮できる場を用意できるか?
ということが、私にとっ重責となっていたのだった。

で、今日、スポンサーの皆さんの協力を得て、
無事にパフォーマンスを終え、
しかも新聞3社が取材に来てくれて、本当に良かった。

日吉丸

日吉丸2

実際、情熱のこもった書描を目の当たりにして
ちょっとじわっときてしまった。

日吉丸3

私は司会でもあったので、きょうは真面目モードの装いで参加。
というのも、
日吉丸さんのパフォーマンスを素人の手作り感で足を引っ張らないようにしたいと思ったから。
プロの技をお見せするのに
プロの司会がいるかいないかが行方を左右する、と、思うから。
自信たっぷりな言いかたかな?
でも、それくらいの経験は持ってるつもり。
「つもり」になってるのは自分だけかもしれないけどね(笑)

ただ、進行内容の出来不出来はさておき
社協の方が、パフォーマンスが終わってから私のところに来て

「びっくりした。下間さん、いつもと全然違う!すごいね~」

と声をかけてくれて
そりゃ、一応プロなので私にとっては当たり前だけれど
素直にうれしく思った次第。
ホッとしたのも事実だった。

日吉丸さんのパフォーマンス、今日はあくまでも序章に過ぎない。
本番は3/10土 11時から 梅田スカイビルのイベントステージ。
鯉のぼりに書描するのがメインイベントなのだ!

朝日、毎日、読売の各紙で、日吉丸さんの記事が出るはず。
来週のイベント直前になりそうです。楽しみだなあ~

とりあえず、今日はお疲れさま。
集まってくれた仲間たち、ありがとう。

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く