アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

1人の命

身内でも知り合いでも無いのに、こんなにもショックを受けるなんて。

それほどまでに志村けんの死は国民にダメージを与えた。

天寿を全うしたとは到底思えない。

災害、事故、そんな突発的なことに巻き込まれたような死に方だった。

東京でのCM収録はいつも楽しい。

内容も楽しく、私もテンション高めになる。

しかし、いざ収録開始。というタイミングでの訃報。

さすがに落ち込んでしまった。

世界で次々に命を奪っているコロナだが、志村けんという、日本人の多くから愛されていた存在が、あっけなく消えてしまったのだ。

もしや、とは思っていた。しかし、、、

こんなにも早く命の火が消えるなんて。

闘病もわずか1週間ほどだったという。

あっけない。あっけない。

プリンセス号の犠牲者も同じだと思う。

元気に旅して帰ってきたのに、なにが起こったのかもはっきりしないまま、隔離されて、死んだ人がいる。

これが、いま起こっている現実。

今日の仕事。

出演者の中では、私だけが最初から最後までいる人だった。

他の人は出番が終わったら帰る。または、後から来る。

ただし、他の人との共演、スタジオ内に一緒に入ったのは私は1回だけ。

台詞のやりとり、ナレーション。どちらも唾はそれなりに飛ぶ。

見えないけれどね。

私がもし保菌していたら?と思うと、、、あぁ、怖い。

無事に収録が終わって帰り際、ディレクターさんと「お元気で」という挨拶をした。

しばらくは私の出張はないだろう。

「僕も大阪へはしばらく行かないと思います」

志村けんは今年の桜を見たのかな。

まだ信じられない。

こちらの記事もぜひ

節約志向

言霊

コメントを書く