アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

夢を叶えて

「ねぇ、下間さん教えて。高校の時放送部だった人ってまわりにいる?」

上田アナウンサーに尋ねられた。

うん。わたし(笑)

「え!そうなの?」

私は高校3年間放送部で、NHKコンクールで京都大会を経て全国大会まで行った過去がある。

なぜそんなことを聞かれたかと言うと

今日の番組内の特集が、伊丹の高校放送部の女子がコンクールで優勝するまでを追ったものだったから。

「局アナで元放送部って、僕の周りにはいないなぁ」

その高校生たちの夢はアナウンサーやナレーターだそうだ。

という話を番組開始前にしていたのだが、、、、

予想外のプレッシャーを与えられることになった(・_・;

その高校生たちの特集の放送が、私の担当する生読みニュースの直前だったのだ。

スタジオで初々しい彼女たちの様子を観ながら出番を待つ古川アナウンサーと私と相方ナレーター。

はたと気付いた。

あ!やばっ!私らぜったいこのあと噛めへんやん!

「確かに。2人とも間違いなく観てますね」

「ひぇープレッシャー!!!」

ここでボロボロに噛んだら、彼女たちの夢を壊すような気がする(^_^;)

今まで感じたことのない妙な緊張感が一気に高まった(笑)

お陰でなんとかトチらず終了したけど。

上田アナウンサーもその気配を感じていたらしく

「今のニュース、プレッシャーあったよね(笑)でもなんか、みんな良い感じだったよ!」

他人事だから言えるのである(笑)

私も放送部時代はアナウンサーに憧れたな。

そして、いま、こうしてある意味夢を叶えている。

なんか改めて考えてみると、、、すごいことかも。

今日の高校生も夢を叶えられますように♡

さて、今夜は後輩とおデート。

2人の子育て大変だし、コロナ禍だし、ストレスも多いと思う。

こうして、誰かと夜に外食するのは数ヶ月ぶりらしい。

お気に入りの焼き鳥屋さんに案内し、ハシゴ酒。

良い息抜きになってくれたかな。

こちらの記事もぜひ

悲しい連鎖

鼻は健康ッス

今日のメイン

コメントを書く