アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

朗読力

加圧トレーニングに行った。

朝ごはんが遅かったせいか、途中で貧血(^_^;)

だめだねー。

落ち着いてからトレーニング再開し

ありがとうございました!

お礼を言ってロッカーにいこうとしたら

「下間さん?」

なんと!仲良しのライターさんが!

どうしてるかな?と思っていたので、会えてほんとによかった。

さて、その後はオンラインの朗読レッスンがあったため、慌てて帰宅した。

いざ準備してまっていたのだが、、、

あれー。時間になっても誰も参加しない(T_T)

もしや?

慌ててプロダクション社長に確認すると

「今日はリアルレッスンやねん」

連絡し忘れだったそう。。。頼むよー(T . T)わざわざ戻ってきたのに。

生徒さんを待たせておいて急ぎ事務所へ移動。

30分遅れでスタートした。

それにしても、朗読力はなかなか上達しないなー。

私が師匠に教わっていたときはほぼ週一回だったし、仲間たちのレベルがめちゃ高かったので、聞いていてとても勉強になった。

表現の引き出しをどんどん増やすことができて、かつ、もう一度基礎の声出しにも力を入れることを教えてもらえた。

いま、教えている人たちは月に一回なので、なかなか。

ただ、今日は1人だけ「お?」と思う子が。

アクセントミスがなかなか直らないので、前回けっこう厳しく指導したら、今日は間違えても2回目はなんとか改善できるようになり(なんで今までできなかったのか不思議だが)

さらに、最後の最後で、抑揚の使い方がナチュラルになって驚き。

唇のチカラが弱かったのも、マシになってくれた。

今日は行ったり来たりの無駄足を踏んだが、生徒さんの上達ほど癒しを与えてくれるものはない。

あー、もうちょっと続けて教えたい(笑)

夜は句会。

最近はこじんまり4人だけなのだが、3人が点を入れてくれてうち1人が特選にしてくれた句が。

日めくりに「阿保」の落書き秋時雨

自信作だったので嬉しい。

鬼の子の夢は地獄に垂れし糸

これは今教えている蜘蛛の糸への感謝の意を込めての一句。

修正すべきところはあるものの、兼題が「蓑虫」と決まった瞬間、ぜひなんとか作りたいと思ってチャレンジした。

使っていて改めて気づいたが

あのお釈迦様によって地獄へ放たれた蜘蛛は、途中で糸が切れた、、、ということは

地獄へ落ちてしまった、ということだよね?!

カンダタ以上に

「なんでや〜〜〜」叫びながら落ちたに違いない(⌒-⌒; )罪なき蜘蛛。

句会のあとの宴はいつも飲み過ぎます。

男の中に女が1人。可愛がっていただき感謝。

 

 

 

こちらの記事もぜひ

秋桜

流行りに乗る

オトナな2人

コメントを書く