アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

秋深し場持ち良き人いる宴

新しい句会に参加した。

月に5句でもヒーヒー言ってるのに(笑)

ただ、いつもの句会よりも人数が大きいのは楽しい。

選ぶとき、誰が詠んだ俳句かほぼわからないからだ。

さて、この句会は今日がちょうど始まって50回目。

めでたい日に参加することになった。

句会が終わったあと、中華で懇親会。

お祝いのシャンパンもあり、みんなで乾杯した。

私はというと、初参加だが、先生と仲良いし、知り合いも多いので好き放題喋って飲んで盛り上げていた。

ワインに紹興酒まで入ると、先生はもうまっすぐ帰宅しない。

いつもの句会仲間とあと数人でカラオケへ。

紅一点だったので

いきなり昭和な曲のデュエットを頼まれた(^_^;)

ふるっ!

とは思うが、まぁ歌える。

再び、違う人が

「京町さん、一緒にお願いします」

あいよ!

「自分の歌いたい歌もうたってください!」

もちろんみんな紳士なので気を遣ってくれるが(笑)

帰り。先生が何度となく

「君のおかげで今日は盛り上がったよ。ほんとに場持ちの良い人だ。綺麗だし歌もうまいし」

と言った。

同じことを何度も言った。

要するに酔っているわけである!

しかし場持ちって、、、ねぇ(笑)

ちょっと、綺麗で歌がうまいはわかったから、俳句も良いって加えてもらえません?(笑)

今日もなにがメインかわからない句会になってしまった。

私の今日の句。

秋晴れを背負うて山城露なり

新松子何度やっても縦結び

十国の雲を分けたる渡り鳥

耳たぶに触れて身に入む母の味

秋寒しメール打つ指惑ひけり

山城の句は7点入り満足。

麻婆豆腐うまし。

こちらの記事もぜひ

コメントを書く