アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

嵐山や道頓堀や仁和寺

18時台冒頭のニュース。

オンエアが始まる直前に上田アナウンサーが

「仁和寺のアクセントって平板?」

古川アナウンサーに尋ねているのが聞こえてきた。

「平板ですね」

え?!そうなん?!

私は焦った。上田さんのネタ振りのあと、私が本文を読むので、仁和寺という言葉も出てくる。中高のアクセントに違いない!と思っていた。

平板ですか?中高でしょう!

私が声をかけると、、、

「先輩の言う通りにします!」

とは言うものの、念のためアクセント辞典をめくる。

もうオンエアが始まって、冒頭の挨拶。

ペラペラ、、、めくると

げ。平板やん。

しかし、時すでに遅し。上田アナウンサーは

「にんナ-じ」と、ナにアクセントを置いて話した。

で、私の本文の前に住職のインタビューが入っていたので

申し訳ない!平板でした!

と、謝り、、、しかしながら自分だけが正しいアクセントで読むのは気が引けたので(笑)

結局、全部中高のアクセントで読んだ。

それにしても、、、

アクセント辞典ってゆーのは、時に首を捻るようなこと書いてあるんだよね。

いちおう京都も長く住んでいた私としては、ジモティーの言い方を知っている。

仁和寺は中高や!

ニュースを読み終えて出てきたら、デスクのメンバーが立ち話していて

「にんなじは、、、、」

と、話してるのが聞こえてきた。

仁和寺って、なんて言ってます?

「僕は京都やから、仁和寺は中高が普通ですよ!」

でしょーーーー!でも、アクセント辞典には平板しかないんですよ。嵐山も。どう言います?

「嵐山はとうぜん、あラシ-やま、ですよ!平板なんて、ねぇ。軽い」

「そうそう、道頓堀だって、どウト-んぼり、ですよ。ドウトンボリー、とか、おかしいやん」

口々に(笑)

それにしても、仁和寺はさておき、嵐山についてはセオリーを考えても中高な気がするなぁ。

「嵐」は「ア-らし」と頭高だし、山がついてたら中高になるはずなんだけど。

平板だと「荒らし山」みたい。

とまぁ、自分が間違えたことを何とか言い逃れしようとしているだけだが(⌒-⌒; )

上田アナウンサー。嘘言ってごめんなさい。

今日はおやつがいっぱい!

ありがたやありがたや〜

 

こちらの記事もぜひ

音楽の力

トヨコさん

3時間勝負

コメントを書く