アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

すべてご縁です

ご縁というのは偶然の出会いがきっかけになることもあるが

その偶然に至るためのご縁というのが何かしらあると思う。

ことの始まりはある夫婦の娘として生まれてきたこと。

遡れば、その2人が夫婦となったこと。

さらに言えば、その2人を産んだ夫婦がいる。

まぁ言い出したらキリがない(笑)

私には色々なご縁を結んでくれた恩人がいっぱいいる。

今日は語座の後輩であり、ナレーターとしても後輩の家にお呼ばれにいった。

私が語座に入っていなければ知り合っていない。

語座の主宰は師匠だ。

師匠と出会っていなければ入れていない。

また遡ってしまうが、色んなご縁のもとに、今がある。

後輩夫婦の家を設計した友人と共にお邪魔したが、その友人を紹介したきっかけは私だ。

そして、その友人と私が出会ったのは某店と、そこに連れて行ってくれた人のご縁のおかげ。

連れて行ってくれた人と仲が良かったのに、いつしかその人をさしおいて、個別に仲良くなってしまった。

これもご縁か?

これ以外にも、知り合いの紹介で親しくなった人は多い。

紹介してくれた人よりも仲良くなってしまったことも多い。

はてさて。

紹介してくれた、いわゆる出会いのきっかけになった人に、どうすれば感謝の気持ちを伝えられるのだろうか?

子育てにも忙しい後輩が、私たちのためにたくさん料理をしてもてなしてくれた。

1日遅れのクリスマスパーティー。

子供たちは元気だ。

わんこもメダカもフクロウも。

ご縁に感謝。

お礼は遡って先祖にまで及ぶ。

こちらの記事もぜひ

お仕事10分

先生

あれから1年

コメントを書く