アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

庶民の店

一昨年の秋。

中国菜エスサワダがお初天神に中華バルをオープンさせた。

本店は高級で、一度は行ってみたいと思っていたが、バルなら行きやすい。

知り合いに誘ってもらって、バルのレセプションにいき、その味に感動!

去年は何度もお邪魔していたら、あっという間にビブグルマン入り。さすがです!

そのサワダが、今度は富国生命ビルに庶民向けの中華飯店を出すことになった。

で、今日。

今回は直接レセプションのご招待をいただきお邪魔した。

サワダの広報であり奥様のあずささんとはFacebookでの交流もありコメントもしてくれる。

「いつもFacebook見てます!ファンなんです」

あずささんが嬉しいことを言ってくれた。

これはお世辞とも取れるが、そうではないと思う。

というのも、あずささんもかなりの「うっかり者」なのだ(笑)

だから私のファン、というのはいわゆる「仲間意識」ゆえ。

しっかりしていそうでスットボケテている私の投稿に親近感がわくらしい。

そんな彼女の支えあって、シェフの澤田さんは益々知名度が上がり、コロナ禍での新店舗展開を進めているのだ。

今回の店は昼から夜まで通し営業。

時短営業を強いられる中、ぴったりの営業形態ではないの。素晴らしい。

多店舗経営の問題は味の統一性がどこまでできるか?にあると思うが、そこもかなり厳しく育てているのが伝わるし、安心して訪問できる店になりそう。

あずささんを紹介してくれて、サワダに連れて行ってくれたあの人に心から感謝したい。

澤田シェフ。働き詰めらしいけれど、お身体は大切にね。

開店おめでとうございます!

こちらの記事もぜひ

トヨコスペシャル

イラリンピック

スタートライン

コメントを書く