アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

ジェラシー

さすがに嫌気がさす。

これは私のせいだが、スマホの機能のせいとも言える!!!

あーいやいや、やはり自分が悪い(T . T)

昨日「明日も張り切って朝から耳ビジ!」とツイートした。

鶴野さんが今朝それをリツイートしてくれたのだが、そこにこんなコメントが添えられていた。

「今週も張り切って名前違います!」

えええええっ!また?!

この前、しっかりフルネームの漢字を確認して、予測変換も最初に「充」と来たら、次は「茂」となるよう覚えさせたはずなのに。

なぜまた「繁」と、、、。

時すでにおそし。

本当に本当にすみません(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

明日最終日ですので、しっかりやらせていただきます!

ところで、今朝の耳ビジのあとのトークで、前回読ませていただいた川上徹也さんがスピーカーになってくれて、面白いことを言った。

「鶴野さんの耳ビジを聞いてわかったことがある。軽くジェラシーを感じる」

ついこの前まで自分の本を朗読していた人が、今は他の人のものになったかのよう、、、

という話で、もちろん冗談なのだが

それは私にしたら新発見であり、予定外な事実でもあった。

というのも、こうして著作本を読ませていただいた後

「良かったから、君も読んでもらうといいよ!」

的に、他の著者を紹介してもらえると良いなぁ、と期待していたのである。

もし、ジェラシー的な気持ちになるとしたら紹介なんてしてもらえへんやん(笑)

まぁそれはそれでいいけどね。なんか嬉しいし(о´∀`о)

そういえば、普段のナレーションでもこんなことを言われた経験がある。

「下間さんは◯◯スタジオのお気に入りやん。」

テイの良い断られ方なのかもしれないが

秘密兵器のようなお抱えナレーターが欲しい。

という気持ちがあるのだろうと思う。

行きつけのBARも同じ。

繁盛してほしい反面、自分だけの隠れ家のままであってほしい。みたいな?

あ、話の観点がズレたかな(笑)

川上さんも鶴野さんも、毎朝付き合って聞いてくださったぶん

最終日はちょっと寂しくなるのよね。

今後はまた1人きりで読むこともあるわけだから、へこたれていたらいけない。

今夜の月はピンクムーンというそうだ。

とても綺麗な月夜だった。

久しぶりにスイートポテトのケーキを作った。

毎度のケーキだが、本当に美味しい。

こんな風に時間に余裕があるのも久々かも(笑)

 

こちらの記事もぜひ

ご縁はひらめきで。

寝過ぎはだめよ

性格の良い人

コメントを書く