アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

初めての人。初めての夜。

真夜中。

うっかりBARからの帰りのタクシー内。

クラハにinすると、ちょうどヨッコさんの添削room祝300回のroomがやっていた。

300回を機に、添削roomをやめてしまうとのことで、事前に私も声をかけてかけてもらい、ネット上での寄せ書きに参加していた。

おっと、危ないところだった!私もお祝いせねば!

アイコンを着替えて参加。

さっそく「都代子さん」と呼びかけられ、ヨッコさんとのエピソードを話した。

実はすごく運命的なご縁があったのだ。

大桃美代子さんのご紹介で、ヨッコさんと一度お話しようと思い、ある日、添削roomをやっているのを見つけて入った。

ヨッコさんは新幹線の車内にいて、コロナで周りは誰もいないので、とroomをやっていたところだった。

「いま、大阪に向かってます。もし時間あれば◯◯というお店でブランチするので来ませんか?」

いきなり誘われた。

クラハで知り合った人とリアルで会ったことはそれまで一度もなかった。

いま、初めて話した人と会うの?まじで?

その日の私のスケジュールは、たまたまその時間なら行ける。という偶然。

車で行けばさほど遠くない距離でもあったので、こわごわドキドキしながらもお約束したのだった。さらに初めて会ったのに美味しいご飯をご馳走になってしまった。

という話をしたら、みんなが

「ひゅーひゅー」「運命的!」とはやした。

あははは。確かに運命的だったかもしれない。

その日、会ってお話し、耳ビジの朗読が正式に決まり、その後、ヨッコさん繋がりで美帆さんとも知り合い、私がヨッコさんの朗読をしたきっかけで、後輩のキョンキョンがヨッコさんの弟子の会に入り、ヨッコさんのもう一冊の本はキョンキョンが読めば?と私が声をかけて、耳ビジの仲間になったのだ。

運命的。

私が初めてクラハでリアルに会った人。

略して「私の初めての人」ヨッコさん(笑)

ちなみに新幹線の車内でのroom。その後車掌さんに叱られて、すぐendした。というオマケ付き(笑)

ヨッコさんに教わった、プロフの最初の3行。今でも大切にしている。

これからは添削以外のroomになるそうだ。

さて、今朝は耳ビジプラスワンがお休み。そのかわり、夜の22時から特別にクラハ文化祭の振り返りのようなroomを開いた。

「初めての夜のプラスワン」

カワテツさんと私の初めての夜ね!

と、私がノリノリの冗談を言ったら

ふつーに否定された(笑)

クラハ文化祭からもう1ヶ月なのだ。

私にしたら、あのスマホを失くした夜。怪我した夜はついこの前に感じる。

最近ようやく足が治ってきたところ。←おそっ!

そして、このタイミングで、当日の音源をYouTubeで大公開!

動画にしてアップするにあたり、リスナーでありクラハ胸キュン計画の仲間になってくれた英彰さんがぜんぶ作業してくれた(T . T)

ほんと助かる。ありがとー英彰さん♡

ぜひ、素敵なvoiceドラマをもう一度お聴きください。

初めての人。初めての夜。

といえば、、、

今日は実はちょっとした記念日だった。

あの日は晴れてるのに雪が舞う寒かったっけ。

紫色のワンピースで慌てて出かけた私。

目的地に到着して気づいた。

ワンピースのサイド(脇の下からウエストあたりまで)のチャックが全開だった(笑)

今も昔もうっかりは変わらない。

ちょっとした記念日。

こちらの記事もぜひ

論理的思考

素敵な寄り道

コメントを書く