アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

完璧になれない人

今日からの耳ビジは

望月 俊孝著

【何歳からでも結果が出る 本当の勉強法】

 

望月さんが耳ビジに出てくれるまでの道のりは長かった(笑)

一昨年の年末に初めてリアルでお会いしたが

その時は「耳ビジ?」という感じで、箸にも棒にもかからない雰囲気。

もっと大きなroomじゃないと相手にしてもらえないのかぁ。

と思った。

そして月日は流れた。

お陰様で、耳ビジは少しずつ人気を得て、それなりにclubhouseの中では集客力もついた。

そんなある日

「献本させてください」

望月さんからメッセージが来たのだ。

えー?ようやくお眼鏡にかなった?

「いつか耳ビジに出てください」

私が言うと

「出させてもらえるんですか」

なんとも素直な反応が帰ってきた(笑)

まじか。わたし、ようやく認められた。

そして今日、いよいよ望月さんの耳ビジデビューとなった。

本当に学びたい人は「完璧主義を捨てること」

なるほどね。

私の周りには完璧主義がうようよいる(笑)

私はというと、本当は完璧にしたいのに、ぜんぜん能力がついて来ないから仕方ない。

なにもかもいい加減。

しかしこのテキトーな性格ゆえに、行動が早いのだと言える。

とりあえずやってみよう!

このノリで、ずっと生きてきた。

もちろん、テキトーなので失敗を重ねる。

しかし、この失敗の経験がまたいいのだ。

過去の経験を積めば積むほど決断力がつく。

すごくしょーもない例えだが

私はネイルサロンでデザインを決めるとき、5分かからない。

いつもネイリストに驚かれる。

今日、サポ部のメンバーの西ゆきえさんの個展に顔を出した。

会場では、アンケートをとっていて「どの作品が良いですか?」「この作品にタイトルをつけてください」

これにスマホで答える。

ちょうど昨日も一緒に活動した仲間たちが来ていて

「昨日はお疲れ様!」

なんて言いながら、好きな作品を選んだ。

タイトルもすぐ浮かんだ。

ところが、、、

1人いつまでも悩んでいる人がいる。

「えー?まだ悩んでるの?そんなのピンとしたら即決よ!」

「えーーーですよねぇ。。。」

実は、彼女はぽわんとしている人だが、けっこう完璧主義なのだ。

だからか、やや自己肯定感が低め。

上記の私のヤジも、真にうける。

「私って決断力ない」

こう思ってしまうようだ。

しかしながら、完璧主義の人は、丁寧だ。

私のようにテキトーで粗野じゃない。

さて、どちらが生きやすいかな?(笑)

ゆきえさんの写真は夕景がテーマで

どれも素敵だった。

私も夕陽が大好き。

雲と夕陽のコラボレーションは、一期一会の貴重な瞬間だ。

私のとっておきの夕陽の写真も、こんな個展にできたら楽しいだろうな。

 

こちらの記事もぜひ

追い込み

グッナイ♡

コメントを書く